お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

元力士・相撲漫画家 琴剣さん「最新のちゃんこ鍋のトレンドは、湯豆腐ちゃんこ鍋」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

毎週金曜日は、「プロの仕事」と題してお送りしていますが、きょうは「ちゃんこ鍋を知り尽くした相撲漫画家さん」にまつわるお話です。

大相撲の11月場所が現在、福岡で行われていますが、鶏肉やお魚など食材が豊富な福岡は、ちゃんこ鍋も格別!!そのため、福岡へ来る事を待ちわびる、グルメな力士も、多いそうです。そこで、今朝はヘルシーで、体が温まる、ちゃんこ鍋を取り上げます。情報を提供して下さったのが、すべての相撲部屋のちゃんこ鍋を食べ周り、データベース化した、相撲漫画家の琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや)さん。元力士で、ちゃんこ鍋屋さんを営んでいた事もあって、料理に詳しく、様々な相撲部屋を取材しながら、日々、ちゃんこ鍋を研究しています。

琴剣さんによりますと、外国出身力士が増えてから、ちゃんこ鍋も大きく変わったそうです。一般的なちゃんこ鍋は鶏肉が基本ですが、コニシキさんや曙さんなど、ハワイ出身の力士が増えた時に流行ったのが、ウインナーやソーセージを入れた「ちゃんこ鍋」。中でも、琴剣さんのイチオシは魚肉ソーセージ。材料が魚だけに、最高の出汁が出る食材だという事です。試してみたいですね。

時代とともに、変わるちゃんこ鍋。気になるのは、最近のトレンド。琴剣さんによりますと、今流行っているのは、【湯豆腐ちゃんこ鍋】。鶏肉で作った出汁に豆腐や、白菜、ほうれん草と、卵の「白身」を入れて、ふたをします。ポイントは、タレです。 お鍋の方に卵の白身を入れましたが、タレには卵の黄身を使います。卵の黄身をかき混ぜたものに、鶏肉でとった出汁やお醤油、料理酒などをお好みで入れて、最後に刻みネギを入れたら、完成。卵の黄身を使った濃厚なダシに、さっぱりとした湯豆腐。

続いて、琴剣さんがこれまで相撲部屋で食べた鍋料理で、最も美味しかったものも聞いてみました。それは、去年の名古屋場所の前に、高田川部屋のちゃんこ長さんが作ってくれた「名古屋コーチンのすき焼き」。名古屋コーチンの鶏肉と卵の旨味に、思わず涙が出たそうです。

最後に、家庭で、ちゃんこ鍋を作る際のアドバイスをいただきました。ちゃんこ鍋に欠かせないのが、鳥のミンチを使った「肉団子」ですが、団子を練る時にマヨネーズを入れると、口当たりが滑らかになるそうです。この週末は、ちゃんこ鍋を食べて、温まりましょ!

 

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。