お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「カリフォルニアで過去最悪規模の山火事。改めて知る山火事のメカニズム」早坂洋史×森章×浜口健×荻上チキ▼2018年11月13日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

※今週は、南部広美さんが秋休みのため、11月12日(月)~14日(水)は気象予報士の長谷部愛さんが担当。

 

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

11/13(火)のテーマ

「カリフォルニアで過去最悪規模の山火事。改めて知る山火事のメカニズム」

アメリカ・カリフォルニア州の複数の場所で起きている大規模な森林火災で、これまでに確認された死者は44人となりました。

トランプ大統領は州の要請を受け、「大規模災害」を宣言。11日までの焼失面積は、すでに東京都のおよそ半分にあたる1000平方キロメートルに上り、カリフォルニア州で過去最悪規模の山火事になっています。

カリフォルニア州では今年7月にも、州史上最大規模の山火事が起きたばかりでした。

大規模な山火事や森林火災は、世界各地で起きていて、オーストラリアのニュー・サウスウェールズ州でも今年3月、大規模な森林火災により、住宅100棟以上が焼失。

ギリシャでは今年7月、アテネ近郊で大規模な山火事が発生し、 犠牲者の数は80人以上に上りました。

ドイツのベルリン近郊では、今年8月、山火事によって、地中にあった第二次世界大戦当時の不発弾が多数爆発するという事態も起きています。

日本でも、規模は小さいものの、年間に1400件程度発生し、平均すると1日4件のペースで起きている山火事。
なぜいま、山火事が世界で頻発しているのか?今夜はそのメカニズムと、生態系などに与える影響について、探っていきます。

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします