お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【シリーズ建物探訪】『旧前田家本邸』で加賀百万石の生活を垣間見る。

ジェーン・スー 生活は踊る

堀井美香アナの建物探訪シリーズ、8回目。
今回紹介するのは、京王井の頭線「駒場東大前駅」から徒歩8分のところにある、『旧前田家本邸』

かつて、“東洋一”といわれた洋館のある邸宅

  • 『旧前田家本邸』は、旧加賀藩主前田本家、
    第16代当主・前田利為(としなり)侯爵の本邸として、昭和4年(1929年)に竣工。

     

  • 前田家は、かつての百万石大名の威信を保っていたが、
    東京帝国大学(現在の東京大学)の敷地拡張のため、
    本郷の邸宅 と 駒場の 東京帝国大学農学部実習地4万坪 が、交換されることに。
  • 当時、郊外であった駒場の地に、
    加賀百万石大名の子孫の屋敷ができることは、非常に珍しいことでした。
  • 前田侯爵は、駒場のおよそ1万坪の敷地に、地上3階・地下1階建ての “洋館” と、
    これを渡り廊下で結んだ、2階建て “純日本風の和館” を相次いで建築。
  • マツ・ケヤキ・イチョウ・シラカシなど、
    うっそうと茂る駒場野の林を、そのまま生かした奥庭や芝生の広場もあり、
    「前田家本邸」は、常に使用人が100人以上働いていたそうで、
    当時、「東洋一の大邸宅」として、存在感を示していました。
  • 先月27日、2年間の改修期間を終えた、“洋館” 。
    建築様式は、“イギリス・チューダー様式” で、
    部屋ごとに設けられている暖炉、天井につられたシャンデリアなどは、
    洋館建築当時の姿をほぼ残し、華麗な侯爵家の生活を垣間見ることができます。
  • 洋館1階は、外交団や皇族を招くパーティーが催される社交の場。
    入ってすぐ右手には、天井の高さが異なる、大小2つの「客室」が続きます。
    2階は、家族の生活の場で、夫妻の寝室、家族団らんの場でもあった婦人室、
    子供用の部屋が並び、それぞれに全く違う個性がみられます。
  • なお、洋館の「客室」は、
    今後、結婚パーティー や 会議の会場として貸し出す、
    有料サービスを受け付ける予定があるそうです。
  • ボランティアガイドの方が館内をわかりやすく解説してくれる、ツアーもあります。
    気になった方は、ぜひ訪れてみては、いかがでしょうか?

旧前田家本邸洋館
東京都目黒区駒場4丁目3−55
開館時間:午前9時から午後4時30分まで(和館とは異なるので、要注意)
休館日:月曜日・火曜日(ただし祝日の場合は開館)、年末年始 (12月29日から1月3日まで)
見学料:無料