お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

炊飯器に具材を入れて炊くだけ!“100円サムゲタン風粥”でぽっかぽかに!!【レシピあり】

ジェーン・スー 生活は踊る

冬は、1年間で最も電気代がかかる季節!そんな冬に今からしっかり備えておきませんか?消費生活アドバイザーで食生活アドバイザーの和田由貴さんに詳しくお話を伺いました。

冬は1年間で最も光熱費がかかる季節!

まずは寒さによる暖房器具で電気代がかかるのはもちろんですが、冬は日照時間が短くなったり、寒さで在宅することも多くなるため、電気を付ける時間帯も早くなり、その分、電気代は高くなります。ちなみに和田さんの家の電気代は・・・3人暮らし、真冬でも8000円ほどなんだとか!

冬のカーテンは、床を引きずるくらい長くする!

いくら温めても暖気が逃げては意味がありません。そのために、外気の影響を一番受けるのは窓を寒さから守りましょう。最も簡単な方法は、カーテンを厚手の物にすることですが、その際、カーテンの丈は「床を引きずるくらい」長くしてください。冷気は比重が重いため、カーテンと床に隙間があると冷気が侵入し部屋が冷える原因になるので、そこを防ぐ様にしましょう。それでも床に届かない場合はクッションやタオルなどで隙間を埋めるか、カーテンの裾に両面テープで布を付け足してみてください。

部屋の湿度を上げると光熱費も安くなる!

湿度は体感温度に大きく影響します。同じ室温でも湿度が低い状態では寒く感じるため、加湿を心掛ける様にしてください。洗濯物を室内干しにするのは手軽な加湿方法ですし、鍋料理は部屋も暖かくなり加湿にもなるため一石二鳥です。最適な湿度は40〜60%くらい。腰から目線の高さくらいの位置で、部屋の中心に湿度計を置いてチェックしてみてください。

100円くらいレシピシリーズ第3弾!炊飯器に入れるだけ!“なんちゃってサムゲタン粥”!

韓国の薬膳料理「サムゲタン」をお手本に、お手軽に、さらにはお安く作れるレシピ!
▼材料は・・・
・手羽元6本 ・米1/4カップ ・切り餅1個 ・長ネギ1/2本 ・チューブのおろししょうが3cmほど ・チューブのおろしにんにく1cmほど ・ガラスープの素 大さじ1   ・塩小さじ1/2 ・水 適量 ・ごま油&小ネギ 少々。
▼作り方は・・・
ごま油・小ネギ 少々以外の炊飯器に入れて炊くだけ!炊飯が終了したら、ごま油を加えて、小ネギを散らせば完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

スー・小笠原「濃厚で美味しい!トロっトロ!!温まる〜!」

 

 

 

 

 

 

 

 

<ポイント>
・サムゲタンといえば鶏肉が丸ごと入っていると思いますが、今回は“なんちゃって”なので、手羽元を使います。手羽元はあらかじめ隠し包丁を入れた方が、身離れが良く食べやすい!
・通常はもち米が入っていますが、米と切り餅を合わせることで、代わりに。
・本当は生姜やニンニクは生のものを使った方がおいしいですが、安く簡単にするためチューブでも問題なく代用できます。
・当然、材料費は一人前あたり大体100円ちょっとくらい。

この冬は、「なんちゃってサムゲタン粥」で心も懐も温かくなりましょう!

ピックアップ