お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

冷凍食品のプロに訊く!この秋冬、絶対に食べるべき1品は・・・

ジェーン・スー 生活は踊る

11月22日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには、
冷凍食品ジャーナリストの山本純子さん が登場!
秋冬の新商品を中心に、“いまイチオシの冷凍食品” を教えてもらいました!
詳しくは、ラジオクラウドから、どうぞ♪

冷凍食品に頼ることは、“手抜き”ではなく、“手間抜き”!
「食事の用意がめんどうだな…」なんてときは、ぜひ活用してみてくださいね。

カロリー低くて、満足度は高い! 日清フーズ『マ・マー わたし思いのもち麦リゾット』


お米の代わりに、今年のヒット食材 “もち麦” を使用した、リゾット。
“もち麦”を謳った商品は、たいてい“もち麦入り”が多いのですが、
こちらの商品は、なんと “もち麦” 100%
プチプチとした食感が楽しめて、食物繊維もたっぷりのヘルシーリゾットです。

スーさんも目を見張る美味しさ!

ソースも味わい深く、「完熟トマトソース」味、
そして、「ポルチーニクリーム」味ともに、かなりクオリティが高い1品!

容器入りなので、洗い物要らず!忙しいときの食事にはピッタリです!
ちょっと手間をかけて、きれいなお皿に移したら、
リストランテ並の本格的なムードを出せると思います。

日清フーズの『マ・マー わたし思いのもち麦リゾット』は、1食 260円ほど(番組調べ)。
オープン価格となっていますので、お近くのスーパーでご確認くださいね!

幸せ重なる三層構造!誰が作ってもプロの味。キンレイ『お水がいらない 尾道ラーメン』


「尾道ラーメン」は、広島県尾道市のご当地ラーメン。
瀬戸内のいりこ、鶏ガラから炊いたスープに、
角切りの背油がコクと旨みを加えて、絶品の味わい!

注目してほしいのは、下からストレートスープ、めん、具材という三層構造。
どんぶりの中身をそのまま冷やして固めた感じですが、
2段階で冷凍する、という手間のかかった、「キンレイ」独自の商品形態なんですよ!

作り方は、とっても簡単!
内袋から出す→そのまま鍋で温めて解凍する→はい、完成!
自分で水を計る工程がないので、誰でも失敗なく、美味しいラーメンを作れます。

蓮見アナも大興奮!

キンレイの『お水がいらない 尾道ラーメン』は、 1食 300円ほど(番組調べ)。
こちらも オープン価格 となっていますので、お近くのスーパーでご確認ください。

なお、『お水がいらない』シリーズは、「ラーメン」のほか、
「鍋焼うどん」や「ちゃんぽん」、「ほうとう」に「カレーうどん」など、実に多彩な品揃え!

濃縮スープで手を汚したりすることもないし、
とにかく簡単に好きな麺類を楽しめるので、お年寄りの方にも、オススメですよ!

午後に人と会う予定があっても大丈夫!味の素冷凍食品『しょうがギョーザ』


味の素冷凍食品の「ギョーザ」は、年間売上およそ200億円。
家庭用冷凍食品の売上15年連続1位を誇る、“ザ・キング・オブ・冷凍食品”

そして、今年秋に新発売された「しょうがギョーザ」は、にんにく不使用。
つまり、平日のランチタイムでもOK!においを気にせず、楽しめるギョーザです。

“しょうが”のさっぱりした風味は、いくつでもイケちゃう味わい。
健康的なイメージもあって、女性にウケています。

従来の「ギョーザ」同様、油なし・水なしで、
誰でも簡単に パリパリの羽根つきギョーザ が仕上がりますよ。

味の素冷凍食品の『しょうがギョーザ』は、1パック 300円ほど(番組調べ)。
ぜひ、お近くのスーパーでご確認ください。

なお、「もっと冷凍食品の情報を知りたい!」という方は、
山本さんが運営するウェブサイト『エフエフプレス』を チェックしてみてください!

山本純子さん、ありがとうございました!