お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

カルロス・ゴーン容疑者逮捕にみる、日本の刑事司法の「ガラパゴス化」。

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

header_bg7

青木理さんのデイキャッチャーズ・ボイス。11月26日(月)は、

カルロス・ゴーン容疑者逮捕にみる、日本の刑事司法の「ガラパゴス化」。

▼日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)が有価証券報告書に役員報酬を
およそ50億円少なく記載した容疑で逮捕された事件から一週間が経ちました。
▼ゴーン前会長が容疑を否認していることをきのう、新聞各紙が報じました。
側近の前代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)も、役員報酬を「適切に処理した」と説明しているといい、
ともに容疑について争うことになるとみられます。
▼先週逮捕されて以来、ゴーン前会長の認否が明らかになるのは初めて。

※ゴーン容疑者逮捕を、青木理はどうみたのか?!