お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

「豆腐よう」を使っていろんな料理を楽しもう!

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

11月23日は「珍味の日」。
命の糧である収穫を神さまに感謝する伊勢神宮「新嘗祭」にちなんで、この日に制定されました。

珍味は、自然の恵みと、人間の知恵が生み出すもの。それぞれが持つ独特な味や風味で、私たちの食生活をより豊かにしてくれます。今日はそんな珍味のひとつ沖縄の「豆腐よう」を紹介します。

豆腐ようは、琉球王朝の時代には、王族階級の人々に愛されてきたという発酵食品。何かに例えるのは難しいのですが、「ウニのような風味」ですとか「チーズのような舌触り」などと表現されることがあります。かつては、地元の方たちの嗜好品だったこの「豆腐よう」を、もっとたくさんの人に、そして、もっと気軽に楽しんでもらおうと常に、新しい提案をしている方たちがいました。

宜野湾市にある『琉球うりずん物産』。

沖縄県内で初めて豆腐ようを大量生産し、販売したのは『琉球うりずん物産』だったそうです。現在は、三代目にあたる久髙直也さんのもとで、「豆腐よう」の新しい食べ方や新商品が開発されています。こちらの「豆腐よう」は、カットした島豆腐を塩水で洗い、特製の塩麹に漬け込んで、3か月から6か月間、発酵熟成させた後、紅麹色素と水あめを加えて作ります。

もちろん、そのまま食べてもおいしいのですが、こちらでは、和洋中、さまざまなレシピを考案して、いろんな食べ方を提案しています。

クリームチーズなどとあわせて、野菜スティックのディップにする。
パスタにからめる。サラダのドレッシングに入れる・・・などなど

「豆腐よう」には、漬け込んだときのつけ汁も一緒に入っているのですが、これもおおいに活用できます。豚肉をつけ汁に漬けこんでから焼くと、やわらかくてコクのあるポークソテーが完成します。また、豆腐ようを液状にした調味料「豆腐ようソース」という新商品もあります。
これを使うと、「豆腐ようのレアチーズケーキ」ですとか「豆腐ようのアイスクリーム」といったスイーツもできるそうです。

味の世界をどんどん広げている沖縄の『琉球うりずん物産』。
今後もあっと驚くような提案をしてくれるかもしれません。楽しみですね!

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。