お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

ジミヘン伝説のアルバム「エレクトリック・レディランド」発売から50年

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

今から76年前の1942年11月30日。アメリカ・ワシントン州シアトルでひとりの男の子が生まれました。その名は「ジョニー・アレン・ヘンドリックス」。のちに世界的なギタリストとなる「ジミ・ヘンドリックス」の誕生です。

日本では〝ジミヘン〟と呼ばれることの多いジミ・ヘンドリックスですが、この番組でも、何度か扱って曲をお聴きいただいたこともありますね。貧しい家庭で育ったというジミヘンは、古いアコースティックギターを使って独学で演奏を学びます。

1966年、イギリス・ロンドンでスリーピース・バンド「ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」を結成。デビューシングルの『ヘイ・ジョー』がイギリス国内でヒットし、母国アメリカでも注目される存在となります。彼の革新的なギターと圧倒的なライヴ・パフォーマンスは、ロックシーンに大きな影響を及ぼすようになっていきます。

さて、なぜ、ジミヘンは伝説のギタリストと呼ばれるのでしょうか。実質的な活動期間が4年、27歳でという若さで亡くなったこと。逆さまに持ったギターで弾く超絶テクニック。ブルースを元にロックンロールと融合させたこと。人種的な問題が残っていた時代に、白人の若者からも支持を受けたこと、
などが挙げられます。

まことしやかな話では、デモテープを聴いたプロデューサーが「3人が同時に演奏しているようだ」。名だたるギタリストが「廃業を考えた」「勝てるやつはいない」云々・・。映像にも残るエピソードでは「ライブのステージでギターを燃やした」「自分の歯を使ってギターを弾いた」「背中でも弾いた」などがあります。

1970年9月、滞在中のロンドンのホテルで死去。

今月中旬には1968年に発売したアルバム『エレクトリック・レディランド』の発売50周年エディションも発売になっています。秋の夜長に歴史的名盤はいかがでしょう。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。