お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

グッズ不要!今すぐにできる乾燥対策!

ジェーン・スー 生活は踊る

11月27日(火)放送の「生活情報のコーナー」では、「グッズ不要!今すぐできる乾燥対策」をご紹介。

先々週、メッセージテーマで、「肌の乾燥について」などを募集したところ、たくさんのメールを頂きました。先週は、「肌の乾燥!基礎の基礎を抑えました。」(そもそも乾燥とは?化粧水、乳液、シーブリーズの違い、朝顔を洗う方がいい?)

一方で、先々週、女性から「男の人の乾燥でどこが気になるか?」というメールも募集したところ、みなさん、いろんなところの乾燥を気にしていました。

そこで、女性から見た「男性の乾燥の気になるところ」の対策について、以前「スーさんコレいいよ」に出演していただいた男性美容研究家の藤村岳さんに取材しました。

実は、取材する前に藤村さんには「乾燥対策のグッズ」を中心にご紹介頂こうと考えていたのですが、取材すると、その前の段階、つまり日頃の生活の中でも対策できることはたくさんあることがわかったんです。そこできょうは、「いまからできる!男性の乾燥対策」についてご紹介していきます!

頬の乾燥対策とは?

藤村岳
頬だけ乾燥するのは、洗顔のときにゴシゴシこすりすぎていることも考えられる。男性は手のひらの面で擦って
しまうので、本当は小鼻の横とか凹んでいる部分をしっかり洗わなければいけないが、出っ張っている頬だけ
無理やり洗って大事な皮脂を落としている形になっている人が非常に多い。

洗顔自体は悪いことでは決してない。出っ張っている部分だけをこすって洗うということを繰り返していると、乾燥しやすくなってしまう、ということも考えられるそう。普段の洗顔を見直す事も、頬の粉ふきを予防する1つの手でもある。

藤村さんのおすすめの洗い方は、『石鹸などを使い、人差し指、中指、薬指の腹を使って円を描きながら石鹸をなじませる様に顔全体を洗う』と。それだけで汚れは落ちるそう。そのあと、化粧水などで保湿するといい、とのことでした。

唇の乾燥対策とは?

藤村岳
唇は元々潤いをためておくのが苦手で皮膚と粘膜の間の部分なのですごくデリケート。なので、保水力が弱い、ということがあり、あと唇をなめる癖がある人がいると思うが、唾液で皮脂を取りすぎて乾燥してしまう、ということがある。リップクリームを塗るのは乾燥を防ぐという事ももちろんあるが、唇を不用意になめないための防止の役割もあるので上手に使えるようになるといい。

よく唇をなめているからいいよ、という人がいますが、真逆です。唇はなめると唾液で皮脂を取りすぎて乾燥する事もある。
唇はなめないことが鉄則。皮をはぐなんていうのはもってのほか。
    
そしてリップを塗った方がいいことは確かなんですが、リップを使う場合の注意点として、塗りすぎに注意。塗りすぎるとターンオーバーを妨げ、自然治癒力の低下につながることも。とのこと。

足の乾燥対策とは?

藤村岳
足は心臓から一番遠いところにある。特にこの寒い時期は血流が悪くなって、栄養や酸素が上手く届かない場所。なので、まず適度に運動をするとかストレッチで、めぐり巡ってかかととかケアにはよかったりする。
男性でよく見られるのが、サイズが合わない靴、小さいのも良くないし、脱ぎ履きに楽だからといって
わざと大き目の靴を履いている人っていると思うが、靴の中で足が動いて、そういう時はかかとに刺激が集まる。その刺激から守ろうとして角質が厚くなってしまうことがあるのでぴったりとしたサイズの靴をきちんと履くということだけでもすごく変わると思う

特に靴のサイズは、あっていないという人も多いのでは?どうしてもその靴がいい、という人は、中敷を敷いて靴の中で足が変に動いたりしないようにすることだけでも全然違うと思うと。

乾燥の場合、ほかにも皮膚の病気などの可能性もありますので、なかなか改善しない場合などは、早めに病院にいくことをおすすめします。今後、「乾燥対策の関連グッズ」や「女性の乾燥」など、乾燥についてもう少し取り上げていく予定ですので、乾燥のお悩みなどありましたら

so@tbs.co.jpまで!