お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

忘年会シーズン到来!幹事を務めるあなたに送る・・・今年オススメの商業施設はココだ!

ジェーン・スー 生活は踊る

11月29日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには、
ライターの樋口可奈子さん が登場!

ライター・編集者として、ウェブメディアを中心に活動中の樋口さん!
番組2回目の登場となる今回は、
“忘年会にスグ使えるニューオープンの商業施設” を教えてもらいました!
詳しくは、ラジオクラウドから、どうぞ♪

“ニューオープンの商業施設”がオススメの理由

今年も終わりが近づき、忘年会シーズン到来!
参加人数や交通の便、価格設定などなど…頭を悩ます幹事の方も多いのでは?

そんなあなたにオススメなのは、ズバリ “ニューオープンの商業施設”
樋口さん、その理由はなんですか?

まず、ほとんどが駅直結なので、雨にも濡れず天候に左右されません!
また、「地図見てください」でお店を指定すると迷子になる方も…
駅直結の商業施設なら、駅の出口を集合場所に指定すればいいので、
幹事の方も、余計な心配をする必要なし!
さらに、最近の施設は、通路が広い事があり、ベビーカーでも歩きやすい。
トイレも大型で授乳室があるところも多いので、ママたちの昼忘年会にも最適!

なるほど!では、どの商業施設がオススメなのか、具体的に教えてください!

日本有数の特殊サーバーで世界のビールを堪能『渋谷ストリーム』

2013年に惜しまれつつも歴史の幕を閉じた、
東急東横線「渋谷駅」ホーム南部の跡地にオープンした、『渋谷ストリーム』。
地上35階・地下4階建ての複合型商業施設で、もちろん駅直結!交通の便も最高です。

なかでも、樋口さんがオススメしてくれたお店は2つ!

ビアホールレストラン「クラフトビールタップ」

世界中から集めたボトルビールも多数取り揃え、
樽生ビールと合わせると45種類以上のビールを堪能できます。

注目したいのが、下からビールが湧いてくる特殊なサーバー “ボトムス アップ” 
底に穴の開いたグラスにマグネットを取り付けてサーバーの上に置き、下からビールを注ぐシステム。
持ち上げてもマグネットが栓になるので、こぼれません。

ビールは空気に触れることで酸化しますが、
下から注ぐことで表面のわずかな部分しか空気に触れず、
フレッシュな樽生ビールの味が楽しめますよ♪

味だけでなく、見ているだけでも盛り上がりそうですね!

東急ストア初のグローサラント型スペース「プレッセ シブヤ」

デパ地下の「東急ストア」にあり、
売り場の食材を調理して、その場で食べられる飲食業態 “グローサラント型”
しっかりとサーバーを利用したクラフトビールが飲めて、
たとえば、同僚の方なんかと2人で軽く一杯!…といった使い方もオススメですよ。

では樋口さん、続いてのオススメ商業施設は、どちらでしょう?

少人数ならココ!カフェみたいなちょい飲みスペース『銀座ソニーパーク』

50年間、銀座・数寄屋橋交差点のランドマークだった、「ソニービル」。
営業を終了してから1年半が経過しますが、その跡地にオープンしたのが、『銀座ソニーパーク』。
こちらも駅直結で、雨に濡れずにたどり着けます。

後々、新しい「ソニービル」が建設される予定となっている場所なので、
2020年秋までの期間限定施設となっています。

商業施設というより、“オシャレな公共の場”という感じなんです。
自由に使えるテーブルやイスがたくさんあって、タダで卓球ができる場所まであります。
工事中かのようなむき出しの内装も、オシャレに見えます。
銀座の一等地にこんなに何もない空間を作れる「ソニー」のセンスに脱帽。。。

そんな『ソニーパーク』では、どのように忘年会を楽しめばよいのでしょう?

特徴的なのは、施設内の4つの飲食店が全てテイクアウト方式で、
レストラン形式がひとつもないことです。
これも「近隣店舗で買ってきたものを公園で食べる感覚」を演出しています。

では、どのお店がイチオシなのでしょうか?

キリンビールのベンチャーが手がける、「ビア・トゥ・ゴー バイ スプリングバレーブルワリー」

カフェと見間違うようなスタイリッシュな外観で、
まるで、「スターバックス」のタンブラーのような容器でビールを提供してくれます。

テーブル席やスタンド席もあって広々としていますが、予約ができません。
「忘年会の後にもう1杯」とか、会社の忘年会前に集合する場所として、使い勝手が良いです。
平日の昼間はかなり空いているようなので、ママ会にも向いているそうですよ!

1年を締めくくる、忘年会。
ぜひ、2018年をともに乗り切った仲間と訪れてみてはいかがでしょう?
樋口加奈子さん、ありがとうございました!