お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

マルセル・デュシャンの「便器」セレクトの感覚は誰もマネできないサジ加減【山田五郎と東博学芸員語る】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。11/28は…「芸術史を変えたマルセル・デュシャンの〝超絶さじ加減“を見るのではない、考えるのだ!特集 by 山田五郎」

便器、車輪、ヒビの入ったガラスなど、一見ただのガラクタの作品で芸術界に衝撃と変革をもたらした、マルセル・デュシャン。没後50周年の節目、かつ、東京国立博物館でデュシャン展開催中のこのタイミングで、その作品について評論家の山田五郎さんに解説いただき「考える」特集!

スタジオにはさらにもう1人、もうおひとかた。番組お抱え学芸員でもあり、デュシャン展を日本に持ってきた人! 東京国立博物館(トーハク)の松嶋雅人学芸員!

現代美術を丁寧かつカジュアルに解説していただきました。