お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「おからパウダー」は どんな料理にも使えて栄養満点の魔法の粉

ジェーン・スー 生活は踊る

足がはやくて、調理がちょっと大変なおから。実は、おからの「パウダー」は、料理の幅がぐっと増えるんです!
料理研究家の浜内千波先生にお話を伺いました。

何にでもかけられる、おからパウダー

おからパウダーになると、調理の時に、水分を加えれば生のおからのように使えます。また、パウダー状なので色々なものに混ぜて使うことができます。シンプルにヨーグルトにかけるだけでもいいですし、水がでやすい野菜炒めや、卵焼きなんかに入れてみるのもオススメです。おからパウダーは、今、とても注目されているんです。

おからパウダーの栄養は?

不溶性食物繊維が多く、便通改善に役立ち、水分を吸って膨らむので腹持ちも良い。糖質も少ないんです。また、植物性たんぱく質や、サポニンも多く含む優れものです。乾燥しているので、保存期間も長く、腐りにくく、持ち運びも可能なメリットも。

スタジオでは、ごはんにおからパウダーをふりかけにしたものと、ヨーグルトに振りかけて食べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スー&小笠原「ふりかけ、いいにおい!食べにくいかと思ったら、味がいっぱい入っているので、美味しい!くせが無いから、いろんなものに使えそう!」

ちなみに・・・おからパウダーを作るこはできますが、作り方にちょっと手間がかかるので、購入しちゃうのも手!スーパーで200円前後で売っています。

<おからパウダーのふりかけ レシピ>
▼おからパウダー 大さじ山盛り3杯 ▼ゴマ 大さじ1  ▼青のり 大さじ1 ▼かつお節   小パック1袋  ▼塩 小さじ1/2 を混ぜるだけ!

♪浜内先生からのお知らせ♪
浜内先生、なんと2年前から「おからパウダー」に関する本を出していたんだそうで!
タイトルは「魔法のひとふり やせる! おからパウダー」。ぜひ、チェックしてみてください!


ピックアップ