お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

電力自由化の最新事情とは?

ジェーン・スー 生活は踊る

11月27日(火)放送の「生活情報のコーナー」では、「電力ってどこから来ているか」を考えてみました。

おととしの4月から始まった「電力自由化」。これまでは、地域で決められていた電力会社としか契約できませんでしたが、「電力自由化」で、これまであった電力会社だけでなく、新たに参入した会社と契約できる=乗り換えられるようになりました。CMや電車の中吊り広告などをみていても、いろんな会社があるのがわかりますね。

みなさんの中には、電力自由化で「電力会社を乗り換えられる」ということは知っている方も多いかもしれませんが、実際、どれくらいの人が乗り換えているのか?まずは、街の方にお話を伺ってきましたので、お聞きください。

電力会社、乗り換えていますか?

/換えました、Jcomの更新のときにどうですかって言われて。
/ガス会社さんに換えた。パンフレットで東京ガスさんに一緒にしませんかというのが入っていた。少し安くなります、というお話はあったが、本当に安くなっているかどうかは計算してはいない。
/換えた。東京電力からau。薦められてそのまま。
/検討はしたが、どう変わるかよくわからないし、とりあえず様子見かな。/うち乗り換えてないですけど引越しするので、乗り換えようかなと。ネットで調べたら安くなりそうなので、主人と相談。
/うちは東ガスに。湯沸かし器が壊れて営業に来た人がどうでしょう、と。多少は安くなった

乗り換えていない方の中にも、乗り換えようと検討されている方もいた。乗り換える方の増加とともに、電力会社も増えてきていて、サービスも多岐に渡ってきています。こうした中、ある変わった電力サービスを行っているところが「みんな電力」です。

・そんなみんな電力の変わった電力サービスというのが、「電気をつくる人とつかう人をつなげる」というサービス、ということなんです。

そもそも電力って、どこから来ているか?
例えば、某電力を使っている人の場合は、当然、某電力にお金を払っていますが、元々その電力は、主にLNG=液化天然ガスなどを火力発電用燃料として使い、電力を作っているそうです。その天然ガスは、海外からも輸入していますので、利用者は間接的ですが「天然ガスの産出国」、「輸入コスト」などにお金を払っていることになる。

一方「みんな電力」は、全国各地に電力の生産者がいる。どういうことか?例えば、牧場を運営している東京都八王子市の加藤さん。牛舎の屋根にある80枚の太陽光パネルでソーラー電力をつくっているそう。ほかにも、大阪府高槻市の第六中学校では校舎の屋上にソーラーパネルを設置して電力を作っていたりします。こうした発電所が現在70箇所ほどあります。     そこで作った電力が回り回って「みんな電力」の利用者に届けられています。こうして、「電気をつくる人とつかう人をつなげる」サービスを行っています。

▼ただ、これだけではない、ということなんです。「みんな電力」の生産者を“応援”すると、返礼品をもらえる事もあるそう。毎月1回、生産者に「応援」つまり寄付をすることができる。

例えば、長野県・高遠さくら発電所/水芭蕉発電所を6ヶ月以上応援すると長野県アンテナショップ「銀座NAGANO」で扱っている商品からよりぬいた長野県の物産品、又は商品券千円分から選択できるそう。ほかにも、お米の商品券がもらえたり、様々あるということなんです。生産者は「応援」されると、応援金として利用者の電気料金の一部が「みんな電力」から生産者へ行き渡るという仕組みです。 

▼気になる料金プランですが、
2018年12月2日からの1週間、TBSラジオは環境問題を身近なことから考えるキャンペーン「クリーン・パワー・キャンペーン」を実施しています。それを記念した「プレミアム100プラン」というものを期間限定で実施中。

「プレミアム100プラン」の特徴は2つ:
①再生可能エネルギー比率100%。(乗り換えると、自宅の電気が再生可能エネルギー100%に。)
②ノート型ソーラーパネルを無料でプレゼント。(太陽光にあてると、2〜3時間でスマホがフル充電できる発電能力。市販価格だと15,000円くらいするかも。※Amazonなどの薄型他社製比)料金は東京電力と比べると割高にはなりますが、少しの価格差でいつでもどこでも電気が得られる安心を手に入れられます。みんな電力「クリーン・パワー・キャンペーン」特設HPからは、料金シミュレーションが簡単に行なえます。

https://minden.co.jp/personal/TBSradio

実は、今週土曜日からTBSラジオはAM波の基幹送信所になっている戸田送信所で使用する電力を100%、「みんな電力」の電気に切り替えます。もちろん、TBSラジオ以外にも、中学校や高校、美術館でもみんな電力の電気をつかっているそうです。

まずは、みんな電力のHPで、料金シミュレーションをしてみてはいかがでしょう?

▼乗り換え方法は非常に簡単です。毎月ご自宅に届く検針票(明細)を用意し、 記載されている契約内容と、お支払いに使うクレジットカード情報を、 みんな電力のWEBフォームに入力するだけ。5分くらいでお申込み手続きが完了するということです。あとは待っているだけで自動的にみんな電力に替わります。

まずはインターネットで「みんな電力」と検索してみてください。