お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【3分でわかる】電力民主主義!電気は選んで買う時代

森本毅郎 スタンバイ!

ヒット商品から社会問題まで。
社会の「今」そのトレンドをお届けする「トークファイル」
毎週水曜日は渋谷和宏さん。
TBSラジオ「クリーンパワーキャンペーン」の12月5日(水)は・・・

「電力民主主義!電気は選んで買う時代」

★電力を「選んで買える」時代になった。

私たちは、ちょっと前までは、どんな発電所で発電されたか、確かめて、電力を選んで買うことができませんでした。東京なら東電しかなく、「原発以外がいい」と言っても、選ぶことははできませんでした。

2016年、電力が自由化となり、東電以外の小売り業者も選べるようになりましたが、それでも、小売り業者が発売する電力の中から自然エネルギーの電力だけを、より分けて購入することはできませんでした。

それが今、電力を選んで買える時代がやってきたのです。

今回、TBSラジオがパートナーシップを結んだ「みんな電力」という小売り会社があります。発電所から自然エネルギーの電気を仕入れ、家庭や企業に売る小売り会社ですが、ここがITベンチャーなどと組んで、どこの発電所の電気が、どこに流れたか、記録する仕組みを作ったんです。

★電力を選ぶってどういうこと?

早速、自然エネルギーの発電所を選んで電力を買う企業が出ています。

▼BEAMS(ビームス)は福島県南相馬市の発電所から
原発被害で農業ができなくなった土地を太陽光発電に転換した発電所の電気が、みんな電力経由で、アパレルのBEAMSに流れています。BEAMSは、電気を買うことで、復興を応援していることにもなります。

▼世田谷の保育園は長野県の水力発電所から
長野県の高遠発水力発電所の電気が、世田谷の保育園に流れています。これがきっかけで、発電所の地元でできたお米が保育園にプレゼントされ、園児が、長野県に、お礼の手紙を書いたり、交流も生まれているそうです。

▼家庭でも!
家庭でも、現在「100%クリーンエネルギー」のプランがあって、そこで、お気に入りの発電所をいくつか選んで、応援する仕組みができています。応援すると、電気代がその発電所に渡り、その発電所からは、お礼が届きます。農業をやりながら太陽光をやっている発電所からは地場野菜が届いたりします。

こうして、無機質だった電力が、顔の見える電力に変わってきているんです。

★太陽光発電にもいろいろな「顔」

実は、一口に太陽光発電と言っても、取り組みは様々です。

先ほどご紹介したように、震災の復興がテーマになっている発電所があります。

また、小学校の防災機能を高めようと、学校の屋根に太陽光パネルを貼って、災害時には、学校に電気を寄付する発電所があります。

温暖化で強くなった日差しを避ける為、畑の上にすのこ状の太陽光パネルを設置して、農業と発電の両方で地域を再生する発電所というのもあります。

「みんな電力」のホームページをみると、「顔の見えるでんき生産者紹介」というページがあります。実にいろんな顔の発電所があって、そこから選べる、というわけです。

自分のポリシーで選ぶもよし、ふるさとの発電所を選ぶもよし、そしてもしかしたら、母校の発電所も選べるかもしれません。

★でも本当にその発電所の電気なの?

問題は、こうした電気の取引をどう証明するのか?本当に、あの発電所からうちに来ているのか?自然エネルギーなのか?

実は、発電所でできた電気は、東電の巨大な送配電網というプールに流れ込み、そこから東電の電線で、家庭や企業に届きます。つまり、プールでは、他の発電所の電気と混ざっちゃうんです。

それじゃ、どの発電所の電気かわからない、となるかもしれません。確かに、電気はお金と同じで、統一規格なのでややこしいんですが・・・

例えば、私があなたに1万円を渡す場合、あなたの口座に振り込みます。すると、あなたはATMで、私から振り込まれた1万円おろします。その1万円札は、私が振り込んだ「お札」ではないですが、間違い無く、私から渡った「1万円」です。そして、その記録は通帳に残っています。

電気も同じで、ある発電所から電気を仕入れた、それをどこに売った、この流れをITで記録して、証明できるようになったんです。だから「電気を選んで買えるようになった」、というわけです。

★電力を選んで買えるということは

ここで重要なのは、私達が電力の選択権を持つようになったという事です。

どんな電力を選ぶか、その購買行動によって日本の電力供給のあり方を変えられる──そんな力を持てるようになったのです。

地域独占という一党独裁の状況から、電力選択に一票を投じられる時代へ、そういう意味では、今、まさに「電力の民主主義」が始まったと言えそうです。

一度「顔の見えるでんき、生産者紹介」を眺めて、普段使っている電力のことを考えてみてください。(料金のシミュレーションもできます!)

 

※ちなみに、新電力だと停電の心配をされる方がいるかもしれませんが・・・東電の送電網を使っているので、東電が停電すれば、新電力も停電。新電力だけが停電する、ということはありません・・・