お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

お二人の魔女対決、息もピッタリ!【モウズル・バートンの平和】

ラジオシアター~文学の扉
毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】
 今週は先週に引き続きゲストに女優の紫吹淳さんをお迎えして、
サキの『モウズル・バートンの平和』をお届けしました。
紫吹さんと朋子さんの魔女対決、いかがでしたでしょうか?
今回この番組が初共演となるお二人ですが、すでに息がピッタリ!
それぞれの魔女の特徴が上手く生かされながら、
地味すぎる呪いのかけ合いがなんともコミカルで
思わずブース外からはクスクス笑い声が!
紫吹さんは魔女役を演じるのは初めてとのことでしたが、
「小さいお婆ちゃんのようなイメージで演じてみました。
微妙すぎる呪いのかけ合い…楽しかったです!!」と、
ラジオドラマならではの配役も楽しんでいただけたご様子。
紫吹さん演じる青年・クレフトンと魔女・ベッツィー、
交互に掛け合いが続きほとんどお一人でお芝居する場面があったのですが、
落語のようにすぐさま切り替えて演じ分けていく姿は本当にお見事でした!

“お湯が沸騰しない呪い”
“爪切りの場所がいつもと違う呪い”
“テレビがいつも通販番組になる呪い”
どれも絶妙で地味にイヤだな~と、現場でも話題に!

どうでもいいことでのいがみ合い、
側から見たら可愛らしいようにも思えますが、
“平和”に対しての皮肉も込められているのかもしれません。

少し違った角度から世の中を見るサキの作品、
他の作品も是非お手に取ってみてくださいね♪

by 永瀬千裕

 

ピックアップ