お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

名物書店員・新井見枝香さんが登場!『意外に知らない本屋の裏側』とは?

ジェーン・スー 生活は踊る

12月13日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには、
三省堂書店 神保町本店 書店員・新井見枝香さん が、久しぶりに登場! 
新井さんといえば、「オススメした本は必ずヒットする!」とも言われる名物書店員!
3回目の登場となる今回は、新井さんの新刊「本屋の新井」にちなんで、
“意外と知らない書店の裏側” について、お話を伺いました。

詳しくは、ぜひラジオクラウドを聴いてみてくださいね!

書籍の発売日って、割とあいまい!

好きな作家さんがSNSなどで「何日に発売です」とお知らせしていて、
いざ、書店に行ってみたら…「あれ?売ってない!」なんてこと、ありませんか?

実は、本の発売日はあいまいで、
地域によっても、お店に並ぶ日は異なるそう!

発売協定がある「雑誌」や「コミック」は除き、
必ずしも、発売日に店頭に並ぶとは限らないんですね。。。

本との出会いは一期一会!すぐ買わないと、どんどん絶版状態に…

毎日、200点以上の新刊が発売されるという、書籍の数々。
その全ての在庫を揃えるのは、書店も出版社も難しい…

絶版になった訳ではないけれど、品切れ状態のまま、
重版未定の本は、日々増えていく…
つまり、「欲しい!」と思ったときに買わないと、
買えなくなってしまう可能性があるんです!

確かに、本屋を覗く度に、
店頭に並ぶ本のラインナップは変わっていますもんね…
そういった意味で、本との出会いは一期一会と言えるのかもしれません。

なお、こういった「本屋にまつわる話をもっと知りたい!」という方は、
新井さんによるエッセイ集「本屋の新井」をチェックしてみてください!


新井見枝香
さん、ありがとうございました!