お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

システムエンジニアが作る「唐辛子」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

東京に住む村山晋作さんは、企業のシステムエンジニア。
しかし、群馬県にトウガラシ農園を持つ、トウガラシ栽培のプロでもあります。

村山さんは、無類の辛いもの好きが高じて、トウガラシを種から栽培。収穫したトウガラシの美しさ、香り、辛さに魅せられて、いろいろな品種を育てるようになったそうです。

辛さより甘みを感じるような品種もあれば、中には、手袋をしないと扱えないような刺激の強いトウガラシもあるといいます。

現在は、およそ120の品種を栽培、飲食店におろしたり、ネットショップで販売したり、また、イベントに出展するなどして村山さんが直接、販売することもあるそうです。

トウガラシの栽培は、2月の種まきにはじまり、秋に収穫の最盛期を迎え、霜が降りる11月ごろまで続きます。ということは、いまは栽培をしていない時期ということになりますよね。でも、村山さんは、畑に出かけます。

冬の間に、畑の整備をするのも大切な仕事なんです。
収穫を終えた苗を抜いて、土を耕し、山から落ち葉を拾ってきて、土の中に鋤きこんでゆきます。また、今年は、早くから暑さが厳しくなったため、実が大きくなる前に熟してしまう…ということが起こったそうです。ですから、来年の夏に備えて、日よけをつくることも考えているそうです。

さて、こうして丹精こめてつくったトウガラシ。
村山さんは、生のトウガラシを何種類か使って、サラダにするのがお好きなのだとか。

そして、生のトウガラシがない今の時期は、自家製の「チレ・チポトレ」がおすすめ。
「チレ・チポトレ」は、メキシコの食材のひとつ。熟したハラペーニョを燻製し、乾燥してつくります。チレ・チポトレは、荒く挽いて、ピザやパスタに振り掛けてもいいですし、お湯で戻せば、料理のダシとしても使えます。これでスープを作ったり、炒めものに入れたり、と色々使えるそうですよ。

愛情いっぱいに育てた村山さんのトウガラシは、Peppers.jpというホームページで買うことができます。辛いもの大好き!という方はぜひチェックしてくださいね。

おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。