お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

足元の冷えは「ヒーター入りスリッパ」で解消!!

ジェーン・スー 生活は踊る

今週は「ぽっかぽかウィーク」。番組では、体が温まる、ぽっかぽか術をご紹介しています。今回は、暖房だけじゃ足りない!乾きたくない!特に、中年女性は、そんなお悩みを抱えている方達も多いのではないでしょうか。ジェーン・スー、小倉アナもその一人。そんな人たちにオススメのぽっかぽかグッズを紹介しました。

“On Style おしり41℃”でいつでもどこでもポカポカ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専用座布団に温熱シートを入れて敷くだけ。温熱シートは早く温度が上がる専用設計なので、すぐにおしりが温まる。 約41℃の温かさが12時間持続。
温熱シートを取り替えることで、繰り返し使える。持ち運びもできるので、スポーツ観戦などでお尻の下に敷いても十分温かい。

使ってみて思ったのは・・・
専用座布団に入れて使うことで、普通のカイロのみよりも、早く温まり、温まりの継続時間も長い。普通のカイロのみよりも、温かさが柔らかい気がする!

スー 「じんわり温まる!お尻の軸からあったまっていく感じ。」

エステーが販売している「On Style おしり41℃」本体とシートがセットで800円くらい。シートのみの販売もあります。

お家にあるドライヤーで手軽にぽっかぽか!“ドライヤーお灸”

「ドライヤー灸」を調べて見たところ、東京医療有明医療大学の川嶋朗教授が考案。現代書林から「たった1分あてるだけでキレイが目覚めるドライヤーお灸」という本が出ていました。それによると・・・「どこの家庭にもあるドライヤーの温風をお灸の代わりに使うことで、ツボのあたりに熱で刺激を簡単に与えることができる。体が温まるツボもあります。」

やり方は、
・ドライヤーの風は低温(50〜60℃)に設定。
・吹き出し口を肌から5cm〜10cm程度離して低温風を当てる。
・「熱い!」と感じたら吹き出し口を離しましょう。
※粘膜や怪我をしているところ、痛めて熱を持っているところには当てない。妊娠中はさけましょう(刺激しないほうがいいツボもあるため)

体が温まるツボは「三陰交」
内くるぶしの突き出した骨から、指の幅3本分ほど上に進むとすねの骨があり、この後ろの少しくぼんだ場所。指で押すと鋭い痛みを感じる。ここは体全体が温まります。

スー「元々の冷えに驚き!だんだんあったまってくる!」

家にある「ドライヤー」で気軽にできますが、火傷にはくれぐれもご注意ください!

USBポートに接続してあたたまる“ヒーター入りスリッパ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフィスや台所で感じる「足元の冷え」が解消!
底面とつま先とかかとにカーボンヒーターを内蔵。温度は3段階に設定可能。
別売りでACアダプタも売っているそうなので、PCにつながずにも使用できます。
使ってみて思ったのは・・・USBをつないでから温まるスピードが早い!すぐに温まるのも良い。一旦温まったら、ヒーターを止めて使っても温かさが続く。

スー「履いた瞬間に思わず叫んでしまうほど、温かい!!」

サンコーの「ダブルヒーターでつま先・カカトも温かいUSBあったかスリッパ」は、2980円です。

おもわず眠くなっちゃう!