お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記&聞き逃した方へ】ゲストは引き続き、漫才コンビ「漫画家」の森田まさのり先生と長田悠幸先生でした!TBSラジオ✖️週刊少年ジャンプがコラボ!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』毎週土曜24:00〜24:29。第78回(2018年12月22日)放送分。

サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ

サンドウィッチマン×25人のジャンプ漫画家の、担当編集者も知らなかった驚愕のトークを掲載!『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』単行本が全国の書店で発売中!定価:本体1300円+税。表紙は「ろくでなしBLUES」の森田まさのり先生です。

カラーバージョン サイズ変更

「週刊少年ジャンプ」が2018年に創刊50周年を迎えることを記念してTBSラジオで新番組「サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ」がスタート!普段は滅多にメディアに出ることのない「週刊少年ジャンプ」の漫画家先生たちをゲストに、MCのサンドウィッチマンが、ここでしか聴くことのできない、スペシャルなトークを展開します!

 

12月22日(土)のゲストは前回に引き続き、M-1グランプリ2018で準々決勝まで勝ち進んだ漫才コンビ、『漫画家』の森田まさのり先生と長田悠幸先生でした!

富澤:現在長田先生は「月刊ビッグガンガン」で連載中…「ガンガン」も伊達さん、縁があるじゃないですか。
伊達:あのー僕カゼをひいた時に家で寝てたんですけど、母親に「何が欲しい?」って言われて「ジャンプとか漫画本ガンガン買ってきて」って言ったんですよ。そしたら「ジャンプ」と「ガンガン」を買ってきて…
一同:(大爆笑)
長田先生:何も間違ってないですけどね(笑)。
伊達:間違ってないですけど「ガンガン」って読んだことがなくて「ガンガンって漫画あるんだ!」
長田先生:あったんですね(笑)。
伊達:つながりましたね。
長田先生:つながるもんですねー。



日比麻音子アナウンサーの絵心をテストするために、伊達さんが描かせた「トラ」。

森田先生:イベントを僕やったんですね。漫画家生活30周年か。(中略)やったんですけど…企画からチラシから何から全部自分でやったんですよね。編集部は一切…(以下、恨み言続く)。  
日比麻音子アナウンサーの絵心をテストするために、さらに伊達さんが描かせた「ゾウ」


いかがでしょうか?絵の横に「トラ」「ゾウ」と書いてしまっているのがちょっと反則?
『漫画家』の森田まさのり先生と長田悠幸先生のトークはさらに次週の最終回に続きます!

 

『漫画家』(漫才コンビ名ですよ!)の森田まさのり先生と長田悠幸先生が語る、漫画家人生における最大の事件などなど…聞き逃した方は是非、ラジコのタイムフリー(放送後1週間以内)でお楽しみください。

 

 

森田まさのり先生が語る、自身の漫画原画をめぐるショッキングな事件
などなど…時間の関係で放送ではカットされたエピソードが聞ける完全版は、 TBSラジオクラウドでお楽しみください!(権利の関係上、音楽はカットされています)⬇︎

 

♪森田まさのり先生が選んだ一曲!
Because We Can/Fatboy Slim
言わずと知れたM-1グランプリ決勝の出場者が登場する際のSEとして使用されています。
伊達:(曲終わって…)聴いていただきましたけど、これ聴くとやっぱりテンション上がりますか?
森田先生:テンション上がりますねー。この曲で出たかった。
伊達:この曲でテンションが上がるのは漫才師だけですよ。生粋の漫才師ですよ(笑)。
富澤:本当ですよ。
森田先生:最強じゃないですか!この曲。
 【NEXT WEEK】

12月29日(土)最終回のゲストは前回に引き続き、M-1グランプリ2018で準々決勝まで勝ち進んだ漫才コンビ、『漫画家』の森田まさのり先生と長田悠幸先生です。

 

『サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』は毎週土曜 24:00〜24:29放送。AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます。

【週刊少年ジャンプ】

ジャンプ50ロゴ

1968年7月に月2回刊行の「少年ジャンプ」としてスタート。1969年9月から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出しながら、1994年末にはマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続けている。2018年に創刊50周年を迎え、様々な記念企画が進行中。