お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「団塊世代が後期高齢者になるこれから」について

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分~6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「うるおい生活講座」
今朝は、人口動態の変化に対応した課題解決事業を創造する会社 株式会社オヤノコトネット

代表取締役社長 大澤尚宏さん

に、「団塊世代が後期高齢者になるこれから」について教えていただきました!ぜひ参考にしてください!

 

株式会社オヤノコトとは・・・
これから団塊世代が後期高齢者(75歳)に向かい、2020年を過ぎると団塊ジュニアが50代を迎えるため、ますます「オトナ親子」が増えます。
介護状態にならずとも、親が一人暮らしになると不安な事も増え、その不安を解消するための商品やサービスを上手に活用することが大切な時代になってきました。1年に1回~2回しか帰省しない人も、近居していて週1回は会っているという人も、「親と本音で話したことがない」という人も多い。親のこと、老後のことを気軽に相談できる介護ではなく、アクティブなシニアとして信頼できる場がない事から、「オヤノコト」では、「読者は家族」をポリシーに信頼できる情報を発信し、相談できる場として活動している。特に「親の住まい、老後の住まい」の相談サービスは、この道25年を超える専門家の社員が、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの高齢者施設への住みかえの相談や、見学同行まで行っている。

 

その他、
Q、「スマホ」の活用もオススメ?
Q、しかし、ガラケーで十分という声も?

 

以上、「団塊世代が後期高齢者になるこれから」について教えていただきました。詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)