お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

小豆島からの絵手紙

コシノジュンコ MASACA

先日ご縁があって小豆島に行ってきました。
小豆島の土庄港ターミナルとは縁があって、写真展だったりオブジェだったりいろいろやってるんですけど、その中でトイレもデザインしたの!メンズもレディースも両方。今回、メンズの方には入らなかったけど、レディースのほうは写真大会ですよ(笑)みんな、中に入ったら中々出てこない。そういう特徴のあるトイレを作りました。

ターミナルの真ん前には大きな石があって、そこに「絵手紙」といって、紙に絵を描いて石に張り付けるんです。そうすると、紙が浸透して絵だけが浮かび上がる。5年は持つんですって。その絵手紙の除幕式が行われるので行ってきたんです。前日TAOが演奏して、除幕式では紅白の紐をみんなで引っ張って。私も絵手紙を書いてくれっていわれたんですが、私が描いたのは島にちなんで「波」。波というのは常に動いていて、宇宙もつねに動いている。人間も動いているからこそ美しいと思うんです。小豆島の人って人情味があって、おっとりしていて明るくて楽しい。なので「人情味のある小豆島」って書いてきました。ぜひ見に行ってください!

来年は3年に一度の瀬戸内芸術祭。その一環で、絵手紙を見て回るのも楽しいですよ。

小豆島土庄町商工観光課

小豆島絵手紙ロード