お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part4▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

斎藤哲也さん&倉本さおりさん(撮影:ササキミチヨ)

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part4(26分25秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇Youtuberと文芸
・『AI vs 教科書が読めない子どもたち』
  文芸とテクノロジーの関係はどうなっていくのか(リスナー)
・文字が読まれない時代に合わせてYoutuberになるも再生数伸びず(海猫沢)
・文学Youtuberベルさんの本の紹介(海猫沢)
・ボンボンTVの成功は30代、40代を企画から外し若者で固めたから(海猫沢)
・動画コンテンツのコマ割りが速すぎてついていけない(宮崎)
・ヤンキー文化だったYouTuber(速水)
→非ヤンキー分野ならまだ伸びしろある(速水)

〇Life出身のあの人も……2018年の文学と言葉
・『静かに、ねぇ、静かに』『ニムロッド』『ナイス・エイジ』2018年の文学(倉本)
・Wikipedia小説『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(速水)
・口には出したくないけど……『平成くん、さようなら』(倉本)
 →死とテクノロジーがテーマ(速水)
 →小説なら思想を人物それぞれに仮託出来る(倉本)
・『希望難民ご一行様』以来名文を書くとは思っていた、悔しいけど感動(リスナー)
・思想の併存は図らずも今年を象徴(c)
 →複数アカウントで思想を運営する『平成くん』(c)
・新語大賞が「映える(ばえる)」(倉本)
 →言葉は生き物として変化していく(倉本)
・ネットにアーカイブが残ることで死んだ言葉が実感として残っていく(文月)
・言葉の文脈が共有されたときに初めて意味を生む(c)
 →共有される言葉の文脈性を自覚すると表現の幅が広がる(c)

     text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2012/01/22「何のためのアーカイブ?」
https://www.tbsradio.jp/life/20120122/index.html

2018/11/04「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」
https://www.tbsradio.jp/life/20181104/index.html

参考資料
AI vs. 教科書が読めない子どもたちさよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017WIRED (ワイアード) VOL.31静かに、ねぇ、静かに群像 2018年 12 月号 [雑誌]ナイス・エイジジャップ・ン・ロール・ヒーロー平成くん、さようならビニール傘小説の言葉尻をとらえてみた (光文社新書)

このパートでかけた曲
●ポルノグラフティ “アポロ” (ひらりささん選曲)
アポロ