お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今年最後の放送 一年間、お世話になりました  森清範・清水寺貫主と振り返る「平成」、年の瀬の街から中継

大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版

12月29日・土曜日、今年最後の「ゆうゆうワイド」は、
年の瀬の放送でおなじみ、世界遺産・京都「清水寺」の
森清範貫主に電話でお話しを伺いました。

毎年12月、一般公募で選ばれた「今年の漢字」を
清水寺の本堂(清水の舞台)で揮毫している森さん。
ゆうゆうワイドが清水寺から全面生放送を行った
2003年以来、親しくさせてもらっています。

平成最後の年の瀬を迎えている今、森さんに
いろいろなことがあった30年について伺いました。
もちろん、今年の漢字に選ばれた「災」について
森さんご自身の感想もお話しいただきました。

さらに、TBSラジオキャスターの甲斐彩加が、
東京ディズニーリゾートと新橋演舞場から、
年末の様子を生中継で伝えました。

もちろん、毎年、最後の放送でお届けしている
大沢悠里のリクエストによる一曲
越路吹雪さんの「愛の讃歌」も冒頭で放送しました。

詳しくは「radiko」のタイムフリーで
お楽しみください。
下記のバナーからお聴きいただけます。

平成30年(2018年)が、まもなく幕を閉じます。
一年間、たいへんにお世話になりました。
ありがとうございました。

来たる年が、皆様にとりまして、
素晴らしい一年でありますことを祈念しています。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
新年最初の放送は1月5日でございます。

来年も、よろしくお願い申し上げます。

大沢悠里のゆうゆうワイド | TBSラジオ | 2018/12/29/土 15:00-17:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181229150000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)