お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

運転が苦手な人がペーパードライバー講習を実際に受けてわかったこと

ジェーン・スー 生活は踊る

以前、「車を運転するのが苦痛です」という番組リスナーのお悩みいただきました。そこで番組でペーパードライバー講習を受けてみようということに。

すると番組スタッフの中に適任が!
「趣味のキャンプにいくために、去年 車を買ったけど、ペーパードライバー歴7年半のため、運転が不安」という宮木亜希子アシスタントディレクター。

「最終目標は、高速道路を使って関東郊外にキャンプに行きたい!まずは町田市の自宅から30分くらいの場所にある川崎市にある実家まで運転できるようになりたい!」(宮木)

ということで、さっそくアース・ドライビングサポートに講習を申し込むと、教えに来てくれたのは指導員の内海翔さん(32歳)。

このペーパードライバー講習の利点と言えるのが、「マイカーで講習を受けることができること」と、「自宅から職場など、実際に利用する道で教えてもらえること」。教習所で運転したいた車とマイカーはサイズが違うから運転しづらいって方もいますよね。また、教習は地方で受けたから、都会での運転が怖いなんても人も。

講習開始


まず最初に「運転のどのようなときに不安を感じるか」「どんなシチュエーションで運転するか」などカウンセリングをしてくれます。
「とにかく右折が苦手。どのタイミングで曲がっていいかわからない」(宮木)
「では、その辺をしっかり教えていきますね」(内海さん)

つづいて「運転席のレバーやスイッチでわからないものはありますか?」と、内海さんと一緒にウィンカーなど運転席のスイッチの確認、ミラー、座席の位置を確認します。そして、助手席からブレーキをかけることができる、補助ブレーキをとりつけます。


これが取り付け式の補助ブレーキ

そして、出発前に内海さんから「この講習は試験や検査をするわけではないので緊張せずに力を抜いて」という一言が。これだけでも安心して運転できますね。

運転スタート


すると、いきなり、信号のない交差点が・・・
「ここの右折が苦手なんです」(宮木)
「右・左を交互に確認しながら、ゆっくり進みましょう。右は黒い車が過ぎたら一度途切れますね」と優しく誘導してくれる内海さん。

途中、道を間違って「この先車両の通り抜けできません」という看板が。
「違う道に入っちゃった!」(宮木)
「ではサポートしますね。まずはハザードを出して左側に車を寄せましょう」(内海さん)
さらに「ハンドルを右いっぱいにきったら、ギアをバックに入れて、切り返しましょう」と事細かに動作を指導しれます。すぐに元に道に戻ることができ、再び目的地に向けて出発。

「運転の苦手な方は、焦ったり急いだりするときに事故を起こしやすいので、『焦らない・急がない』ということを意識してください」(内海さん)


その後は道を間違うこともなく、30分ほどで無事、目的地に到着。車を安全な場所に止め、ここまでの運転を振り返ります。

「宮木さんは、ご自身が思ってるほど運転が下手ではないです。実際、補助ブレーキも使っていないですし、事故も違反もなかったので自信をもってください。」(内海さん)

「他に運転していて不安なところはありましたか?」(内海さん)

「信号が黄色になったときに行くべきかどうか迷いました。あと走っているとき、車線の右側に寄りすぎていたかも」(宮木)
「気づきましたか。確かに右に寄っていましたね。これを改善するには“視線”がポイントになります。視線を近くではなく30メートルほど先に置いて下さい」(内海さん)
と、手元の用紙に図を描きがなら具体的に教えてくれます。

来た道を戻り、講習が終了


「今後、高速道路を使ってのことを考えると練習も少しずつ必要。ペーパードライバー卒業を目指す場合、全部4回ほど受講するのがオススメです。」(内海さん)


ペーパードライバー講習を受けてみた感想を聞くと・・・
「正直、久しぶりの運転だったので不安はありました。身内の人が助手席に乗ると、ちょっとのミスで怒られるので指導員の方に褒められるのが嬉しかった。講習の最後の方は内海さんと世間話ができるくらいリラックスして運転できました」(宮木)

最後にこんな言葉も。

「内海さんは終始優しく落ち着いて教えてくれました。安心させてくれる優しい人に助手席に乗ってもらいたかったんだと気づきました。」(宮木)

<↓実際に講習を受ける音声はこちら↓>

今回、講習を受けたのは「アース・ドライビングサポート」
1回の講習が100分で「17,280円」(トライアルコース、税込)

■2回以上のコースで割安になります。
■出張地域は関東が中心です。
■今回はマイカーで受講しましたが、マイカーをもっていないくても、教習車で受講できます。

■会社によって、価格や特徴、出張地域が違うので自分に合った会社を探してみて下さい。
■「いきなり公道は不安」という方には教習所がペーパードライバー講習を行っている場合もあります。