お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今から予定を立てておこう!“今年、注目すべき美術展”とは・・・

ジェーン・スー 生活は踊る

1月4日(金)の「生活情報のコーナー」では、
堀井美香アナウンサーが、“今年、注目の美術展”を特集しました。

お正月休みも明け、会社や学校など、
平常運転が始まった方も多いかと思います。

しんどい日々の生活を乗り切るためには、週末のリフレッシュが大切!
ということで、今年も、金曜日の生活情報では、
休日に楽しむためのおでかけ情報も充実させていきます。

早速、2019年最初の生活情報は、
堀井アナ自ら、「国立西洋美術館」の主任研究員、
渡辺晋輔さんに取材をかけ、イチオシの展示を厳選して、ご紹介!

その詳細は、ぜひラジオクラウドから、どうぞ♪

『ルーベンス展 —バロックの誕生』

“バロック”と呼ばれる、壮大で華やかな美術様式が栄えた、
17世紀のヨーロッパを代表する画家、ペーテル・パウル・ルーベンス。

上野の「国立西洋美術館」で開催中の『ルーベンス展』では、
ルーベンスに深い影響を与えた地・イタリアとの関わりに焦点を当て、作品を紹介。

古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、
そして、イタリア・バロックの芸術家たちの作品も多数展示されていて、
近年では、“最大規模のルーベンス展”とも云われ、必見の美術展となっています。

『ルーベンス展 —バロックの誕生』は、今月20日 日曜日まで、
上野の「国立西洋美術館」で開催されています。入場料は、大人1,600円。
まだ間に合いますので、気になった方は、ぜひ行ってみてください。

そして、「国立西洋美術館」では、こんな展示もオススメです!

『松方コレクション展 』

「国立西洋美術館」の開館60周年を記念した、『松方コレクション展』。
そもそも、「松方コレクション」とは…
神戸の「川崎造船所」(現在の「川崎重工業」)の初代社長などを務めた、
松方幸次郎が、1910~20年代にヨーロッパ各地で収集した美術品のコレクション。

その数は、浮世絵およそ8000点のほか、西洋絵画、素描、
版画、彫刻、装飾芸術品など、3000点近く!
第二次世界大戦の前後に焼失した作品も多いそうですが、
コレクションの一部は戦後、日本へ「松方コレクション」として返還されました。

これを保管展示するための美術館として、
1959年に誕生したのが、「国立西洋美術館」ということなんですね。

この展示のみどころは、モネの「睡蓮、柳の反映」という作品。
こちら、松方がモネを訪ねて直接口説き、購入した…という、貴重な作品。
「松方コレクション」に含まれていたものの、行方知らず。
ところが、2016年にルーヴル美術館で発見され、日本に返還・寄贈。
今回の展示で、初めて公開されるそうなんです。

『松方コレクション展』は、6月11日から9月23日まで、
上野の「国立西洋美術館」で開催される予定となっています。

西洋画でいうと、こちらの展示も見逃せません!

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』

19世紀末、オーストリアの首都・ウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムト。

いまなお圧倒的な人気を誇るクリムトですが、
没後100年を記念する、今回の『クリムト展』では、
初期の作品をはじめ、彼の代表作が集結。
日本では、過去最多となる、およそ20点の油彩画が展示。

「国立西洋美術館」の主任研究員・渡辺さんのもとには、
「主催の朝日新聞が何年もかけて企画したとの情報が入っているそうです。

そのほか、クリムトと同じ時代に、
ウィーンで活動した画家たちの作品や、
クリムトが影響を受けた日本の美術品なども見られ、
“ウィーン世紀末美術”の真髄を楽しめるそうです。

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』は、4月23日から7月10日まで、
上野の「東京都美術館」で開催されています。
入場料は、大人1,600円ですが、今月17日に発売予定の前売り券は、
大人1,400円とお得に買うことができるので、
気になった方は、ぜひ、公式のホームページを チェックしてみてください。

「2019年の抱負」を掲げるスーミカ

以上、番組からの生活情報でした。引き続き、何卒!