お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

福岡で誕生してから今日で70年「明太子」 

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

きょう、1月10日はいろんな記念日がありますが、「明太子の日」でもあります。 日本で初めて明太子を作ったのは福岡のメーカーで、創業者の方が 韓国で食べた「タラコのキムチ漬け」をヒントに、70年前、1949年のきょう、博多の中洲の市場で販売したと言われています。そこで今朝は、誕生から70周年を迎えた明太子のお話です。

明太子の原材料はスケトウダラの卵巣。これを、独自の調味液に漬け込んで作り上げます。 原料の大半は、アメリカやロシアから輸入しているそうで、アメリカ産の原料は、1月から3月にかけて、シアトルでオークションが行われているそうです。

では、明太子の栄養はどうなのでしょうか?明太子はビタミンが豊富。 ビタミンEを始め、ビタミンB、B2など、数多くのビタミンが含まれています。また、辛子明太子は、原料に唐辛子を使用している為、カプサイシンが多く含まれ、肥満予防や老化予防によいと言われています。
そんな、栄養豊富な「明太子」ですが…あなたが買おうとしている明太子は、本物の明太子かどうか。チェックするには、「原材料を見る事」がポイントです。本物の明太子はスケトウダラの卵巣しか使っていませんが、値段を下げる為に、トビウオやシシャモの卵を混ぜたものもあるそうです。そういった商品のパッケージには原材料が「魚卵」と書いているケースがあるようなので、チェックしてみては、どうでしょう。
また、明太子といえば、パスタやおにぎりに使うのが定番ですが、レシピサイトや、明太子メーカーのホームページには様々な調理方法が紹介されています。例えば、コロッケの材料に明太子を入れてアクセントにしたり、チーズフォンデュに明太子を入れるなど・・・どんな料理にも相性抜群!寒い時期は、もつ鍋に大量の明太子を入れて食べると・・・最高ですよね。プリップリのモツに、たっぷりの野菜、そしてピリッとした明太子の辛さが素材の旨みを引き立てます。
 

番組では皆さんからのおたよりをお待ちしております。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。