お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

無印良品の“発酵ぬかどこ”を使ってみたら…「柿」が「南高梅」みたいな味になりました

ジェーン・スー 生活は踊る

自宅でぬかどこ、チャレンジしてみたい人は多いのではないでしょうか。今日は手軽にできる、無印良品の「発酵ぬかどこ」を実際に試してみたら、新たな事実が判明しました!

無印良品の“発酵ぬかどこ”、手軽すぎ!

実際に漬けてみて思ったのは・・・
▼通常のぬかどこであれば、毎日かき混ぜるのが一般的ですが、「かき混ぜ不要」で美味しく漬かりました。ちなみに、かき混ぜるのは週1回程度。買ったその日から使えます!
▼ジップロックタイプになっているので、別の容器に移さず使えて「手軽」!
▼思ったよりにおいがキツくなかった!

発酵ぬかどこを漬けるタイミングは?

この企画のきっかけは、無印良品の「発酵ぬかどこ」の漬かり具合のベストタイミングを知りたい!ということで、一週間毎日“カブ”を漬けて参りましたが・・・結局、無印良品の推奨している22〜32時間がベストなタイミングでした。(かぶは、葉を切り落として、皮をむいて半分にカットしたサイズで漬け込みました。)昨日漬けたかぶを食べたスーさんは・・・

スー「浅漬けだけど、いい感じ!!」

発酵ぬかどこに“果物”を漬けてみた

発酵ぬかどこ、野菜は美味しく漬かることはわかりましたが、果物を漬けてみても美味しいのではないか?と思いまして、試してみました。果物のぬか漬け フルコース!りんごと柿は2日間、ぶどうはバナナは1日漬けました!

試した果物は「りんご・ぶどう・バナナ・柿」

スー「柿のトロトロ感がすごい、どこかで食べた味・・・これは“南高梅”だ!」 

使用したのは、無印良品の“発酵ぬかどこ”価格は、1kg 税込890円。補充用もあるそうです。普段とはちょっと違った味・食感が楽しめるので、くだもののぬか漬け、ぜひ、試してみてください!