お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

スマホで読む前提のWebトゥーンが活況。紙のマンガとの違いとは?【オススメ作品リスト有】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。1/8は…「スマホに特化した新しいマンガ『Webトゥーン』は実際にどこがどう今までのマンガと違うのか?」特集!

今、若いマンガ読者の間では、スタンダードなマンガの読み方になりつつあるという、スマホ/パソコンに特化したマンガ「Webトゥーン」。では一体どこが今までのマンガと違うのか? さらに、韓国発祥と呼ばれるこのウェブトゥーンの歴史、そして現在について、専門家にゴリゴリ質問! 関西外国語大学の講師としてマンガの研究を行っている、具本媛先生に聞きました。


特集の中で話題にあがった良作リスト

●2003年、Webtoonの嚆矢と言われる一作
『순성만화(純情漫画)』강풀(カンフル)
●ゲストの具先生がWebtoonに目覚めた一本
『미생(未生/ミセン)』윤태호(ユン・テホ)
●架空のアプリを使ったアイデアが秀逸
『좋아하면 울리는(恋するアプリ)』천계영(KYE YOUNG CHON)
●韓国少女マンガの歴史を変えた記念碑的作品
『치즈인더트랩(チーズ・イン・ザ・トラップ)』순끼(Soonkki)
●『未生/ミセン』の作者ユン・テホが送る社会派ホラー
『이끼(苔/イキ)』윤태호(ユン・テホ)
●途中に組み込まれたFLASHアニメが効果的!(※閲覧注意)
『봉천동 귀신(ボンチョンドン ゴースト)』 호랑(ホラン)
●これもWebtoon! FacebookやInstagramをコミックに活用
『며느라기(ミョヌラギ)』(ス・シンジ)