お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

足のトラブル「足底腱膜」とは?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では、足のトラブル「足底腱膜」について、高田馬場病院の整形外科医、町田英一先生にお話しを伺いました。 足の裏には、かかとの骨から足先にかけて「足底腱膜」という線維の束が扇状に走っています。この足底腱膜が緊張し、かかとの骨とつながる部分で引っ張り合う力がかかります。通常、「土踏まず」が衝撃を吸収するクッションの役割を果たしていますが、長年の負荷の繰り返しで、足底腱膜とかかとの骨がつながっている部分が傷んだり、炎症を起こしたりして痛くなることがあり、これが「足底腱膜炎」です。昨今、患部に衝撃波を当てる治療が保険適用になり、結石を壊す治療でも使う衝撃波を患部に当て、痛みを伝える神経を壊したり、傷んだ腱膜の修復を促したりします。内視鏡を使って、傷んだ腱膜の一部を切り離す手術もあります。切った患者の多くが改善すると言われているが、まだ登場して年月が浅い治療方法なので長期的な影響はわかっていません、