お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

赤江珠緒、憧れの市原悦子さんを偲ぶ・・・思い出の放送をもう一度!

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

平日午後1時から放送中のTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」。
1月16日(水)は、赤江珠緒×博多大吉コンビでお送りしました。

『赤江珠緒たまむすび』2019年1月16日http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161010040000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

先週土曜(12日)、悲しいお知らせがありましたね。

「まんが日本昔ばなし」の語りでおなじみ、珠ちゃんの憧れの存在である、俳優の市原悦子さんの訃報。

市原悦子さんといえば、赤江さんが大ファンということで、出演オファー!
2014年10月22日に生出演してくださり、番組オリジナルの昔話「たまおの大きな大きなおむすび」を朗読していただきました。

そこで、きょう2時42分頃からは市原さんを偲んでその語り部分を改めて放送。

赤江&大吉コンビも、およそ4年前の放送に聴き入っています。
…が、物語の内容は、ペラペ~ラ!

主人公「たまお」の仲間の「廣憲くん」が何者かに取り憑かれてワガママ言い放題でさあどうした?…というトンチキな話にも関わらず、市原さんが朗読すると素晴らしいものに変わるという奇跡!

「“なんと”という感嘆詞など、台本にない言葉を足している!」と感心し直す、大吉先生。

そう、その場で適宜アレンジを加えながら、語っていただいたんですよね。
およそ4分、ノーカット。ぜひ、radikoのタイムフリーでお聴きください。

市原悦子さん一生モノの宝物をありがとうございました!」(珠緒)

 

3時からは、週替わりレギュラー陣が登場するラジオコラム。
ハコちゃんこと、作家・岩下尚史さんによる『 風流Do!』をお送りしました。

2019年初の登場となった、ハコちゃん。青梅の冬はいかが?

「ついに、綱切丸がお腹を見せてくれた!」昨年から飼い始めた愛犬もなつき始めたようで、よかった!

今回は、芝居のジャンルの1つ、“新派劇”について教えてくれたほか、

ハコちゃんが、最近読んで面白かった本も紹介してくれました!

平松洋子さんの著書『味なメニュー』という1冊。
銀座のシチュー、町角のジューススタンド、空港のかつサンド、居酒屋の煮込み、浪花の豚まん、東神田の立ち食いそば…などなど。
愛される味の秘密をメニューの行間から引き出す、とびきりおいしいノンフィクション!気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

 

〈おまけ〉
▼先週の大吉大黒様で決定した、プレゼントの数々!

1つ1つ、メッセージを添えて、サインを書き書き…あぁ、ありがたや。

残念ながら、外れてしまった皆さんは、ごめんなさい。。。

「プレゼントの到着まで、もうちょっと待ってね〜」(by. 髪を切った大吉大黒様)

大吉大黒様、次回はいつ会えるのかしら…いつかまたどこかで!
「さようなら〜」…ということで、また明日です!

明日、木曜日の「赤江珠緒たまむすび」は…
★ピエール瀧さん改め、ウルトラの瀧さんがパートナー!鬼×中坊コンビ!
2時からは、名物企画『ウルトラの瀧のハガキで悩み相談』
★3時からは、ゲストコーナー『おもしろい大人』東京スリバチ学会皆川典久さん登場!「スリバチ」とは、三方向が斜面に囲まれたような形状の低地のこと…どんな話になるのでしょうか?お楽しみに♪