お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

女性の排尿トラブル

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では、「女性の排尿トラブル」について女性医療クリニック・LUNAグループ理事長の関口由紀先生に伺いました。尿失禁は「自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうこと」と定義づけられています。40歳以上の女性の4割以上が経験しており、実際に悩んでいる人は多くいますが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。尿が漏れるといっても、どんなときにどのように漏れるかで治療法は異なるため、まず自分の尿漏れのタイプを知ることが大切です。女性の尿漏れには大きく3つのタイプがあり、およそ半数が咳やくしゃみ、運動で漏れるのが「腹圧性尿失禁」です。そして、「過活動膀胱」と「混合性尿失禁」がそれぞれ残りの4分の1を占めます。女性の尿漏れに大きく関わっているのが、「骨盤底」と言う骨盤の底に当たる部分で、骨盤底は妊娠時には胎児を支え、出産では伸びたり裂けたりして傷がつきます。一度はおさまっても、40代になって筋肉量が減り、50代で閉経を迎えると骨盤底も弾力性を失ってしまうと、再びゆるむ傾向にあり、ちょっとした腹圧で尿が漏れるようになってしまいます。骨盤底の強さには加齢のほか遺伝や肥満なども関係しているため、妊娠・出産経験のない人でも尿漏れは起こります。