お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

男女でちゃんと「生理」や「生理用ナプキン」について話してみた

ジェーン・スー 生活は踊る


以前、番組で取り上げた映画『パッドマン』
の話をキッカケに「不躾に入ってきては欲しくはない。だけど無知・無理解だと、誰かを知らぬ間に傷つけていることもあるかもしれない…」という生理について改めて考えてみました。

生理について、異性や職場だったり家庭で「理解されないな」って感じた時はどんな時ですか?

女性:理解されないと言うか、やっぱり職場では異性の人にちょっと言いづらいっていうのはありますね。同性同士であれば共有したりもするんですけど、異性との間ではやっぱりそういうのの話をしにくいなっていうのはあります。

32歳女性:あんまりその「生理のせいで」っていうのは言いづらいので、言ってないので理解されてないっていうよりはまあ、単純に言えないので。普通の体調不良だと思われてるんだろうなっていうのは、「病気じゃないのにな……」とは思いますね。

28歳女性:働いてた時は、やっぱりあんまり男性の上司だと言えないなっていうのはありました。

32歳女性:仕事中に、たとえば「替えたいな」って思った時にすぐに行けないのがちょっと……タイミングがうまいこといかないと、不安になりながら。仕事も結局不安になりながらやってるんで、そこがちょっと大変かなっていうぐらいですかね。

男女共に理解できていない生理現象!?


ジェーン・スー:街で女性にお聞きした時の街録。蓮見さん、いかがでしたか?

蓮見孝之:そうですね。先月ね、この番組では映画の『パッドマン』という作品を取り上げて話をしましたけれども、やっぱりその生理の話自体、その同性間で話すのと異性との間で話すのとでは抵抗感というのも違うのかなと思いましたね。

スー:かなり違いますね。やっぱり異性にはその話はできない、家族でさえできない、話したくないっていう人もいると思うんですけどね。そもそもなんで話したくないのかっていうことを考えていった時に「なんとなく嫌だから」って。やっぱり自分のことが恥ずかしいとかっていうこともあると思うんですけども。

じゃあ、なんでそれが恥ずかしいと思うのか? どんどんどんどん理由を掘っていくと、なんで自分が病気でもない、ずっと子供を作るっていうことにおいては必要な生理現象なのにもかかわらず、それを「恥ずかしいこと」とされてるんだろう?って。「不浄」とか言われますけども。よくよく考えていくと、みんながなんとなくそう思わされてきただけだと思うんですよね。

蓮見:ええ。たとえばその、小さい頃に学校の授業でね、「保健」っていう授業があるじゃないですか。この生理というものを扱ってみようかってみんなで話した時に、それぞれが小・中学校時代に体験した保健の授業もこんなに違うんだっていうところにも気づいて。

スー:そうなの。男女が分けられるところもあれば、まあ一応なんとなく教えますけど……っていうところも。それは実は女性も男性も一緒で、先週の相談コーナーで男性の生理現象(朝立ち)についても話しましたよね。それは私たち、たしかによく知らないことが多いです。子供の頃からそういう現象が起こるとか、欲望とは全然関係ないところで起こるっていうことを知らない人もいるし。

で、ちょっとお互いのことをなんとなく、あまり肩肘張らずに知っていきたいなと思いまして、それで今日は生理といえばナプキン。それこそCMでもたくさんオンエアーされています。雑誌の広告なんかでも見ます。でも、それが何なのかよくわかってないんじゃないかな?っていうのを先日、スタッフと話してた時に思ったので。蓮見さんにいろいろとまず、知ってほしいなと思って……買ってきました。大量の生理パッドです!

多種多様生理用ナプキン

蓮見:これでも、あくまでも一部なんですよね?


スー:一部です。いま、ここに23種類ございますけども。これ、23種類。メーカーが違うだけじゃないんです。全部、違うアイテムなんですよ。

蓮見:へー! 違うアイテムというと、要は使い心地とか?

スー:実はですね、生理というのは経血が出る現象ですけれども、人によって、日によって、出方や量が全然違うんですよ。「もうちょっと統一してくれ、神様よ!」っていう感じなんですけど。ちなみに生理って、何日ぐらい続くかってご存知ですか?

蓮見:ええっ? もうそこからわからないな。

スー:これがまた、すごい話で。まさにこれこそ「人による」なんですよ。3日で終わる人もいれば、1週間続く人もいて。まあ平均して、いちばん多いのが5日ぐらいと言われてるんですけれども。その5日ぐらいの生理の中で、いちばん経血が多い日っていうのがあるのはご存知ですか?

蓮見:「○日目が多い」とかっていう話ですよね。でも、それもまさに人によって違うんですか?

スー:そうなんです! だからやっぱり、私も実は隣の女性がどういう生理を体験しているのか?っていうのは知らないんですよ。だからなんとなく、みんなで情報を共有していきながら、生理痛が辛い人もいれば、そうじゃない人もいる。で、今日は具体的に知ってほしいということで、生理パッドをこの20いくつ持ってきて、蓮見さんに見てもらおうと思ったんです。だって、ちゃんと見たことって?

蓮見:いやー、ないですよね。

スー:ですよね。ではまずひとつ目から行きましょう。「ロリエ しあわせ素肌 軽い日用」ですね。これは。どうぞ、こちら、ナプキンです。

蓮見:ん? いまこれは四角く……これ、畳まれた状態ですけども。

スー:そうですね。小さい小さいカイロぐらいの大きさですね。

蓮見:これはどうやって開ければいいんですか?

スー:ああ、それからわからない。そのヒモのところを引っ張ってください。そうすると、ペラペラッてめくれます。

蓮見:これ?

スー:そうです。つまみがついているヒモがあるので、それを引っ張ってください。


蓮見:これを、開いた。

スー:そう。開きました。

蓮見:ああ、開いた状態のものはなにか広告とかコマーシャルで見たことがあります。

スー:そうですか。そう。のしイカみたいにくっついているんですよ。紙に。で、それを「パリッ」とこうやって剥がします。で、これが生理用品ですね。

蓮見:はー。

スー:裏側がかわいいプリントがされてますけども。

蓮見:そちら側がちょっと、テープで貼りつけられるようになってますね。粘着性で。

スー:そう。粘着性があって。これは羽根なし 超スリムタイプです。

蓮見:すいません、スーさん。「羽根なし」、解説してもらっていいですか?

スー:はい。では羽根のあるものをお見せしましょう。こちらは「ソフィ 普通の日用 羽根つき コンパクトスリム」です。コンビニなんかはよく、コンパクトスリムのセンターインっていう種類が多いんですけど。さあ、今度はこちらを開けてみてください。

蓮見:これも同じように畳まれた状態のものを……。

スー:今度は黄色い、かわいらしいポップなパッケージですね。そうすると、そこに何かついてますよね?

蓮見:ついてますね。縦長のシートのちょうど中腹付近の左右に、なんて言うんですか? 折りたたみめるような薄い紙がついてますね。

スー:そうなんです。実はその裏側にも粘着質のテープがついていて。このテープをパンツにクルッと抱きかかえるように巻き込むことで、ズレにくくなるという。

蓮見:ああーっ! だったら、羽根がついていた方が良さそうですよね?

スー:しかしですね、これが……私は実は羽なし派で。好みがあるんですよ。というのも、生理の経血が出る時に、どれくらいの量がいっぺんに出るかっていうのも人によるんですが。たとえば座っていて、蓮見さんとこうやって2時間、しゃべってますよね。1回もトイレに行かない。ナプキンを替える時間がないっていう時に、「放送、終わりました」って言ってバッと立ち上がった時、場合によると湯のみ茶碗一杯ぐらいの経血が突然、バシャッと出てくるんですよ。

蓮見:はー!

スー:で、それが前に行くか、後ろに行くかわかんないんです。常に賭けなんですね。で、私は比較的、前に行きがちなんですよ。そうなると、羽根がついてると羽根をつける場所っていうのがパンティのお股の部分にあたるところですから、どうしたって前方が固定されますよね。どこまで前のナプキンがカバーできないのかっていうのがわかっちゃうんで、この位置を自由に決められるっていう意味で私は羽根なし派なんですよ。

蓮見:ああ、羽根がついていると、もう固定されちゃうから?

スー:そうなんですよ。固定されるところが利点でもあり、そうでもないところでもある。さあ、一方でこれが軽い日用でした。蓮見さんの横にある、「エリス 超朝まで安心400」を……。

蓮見:赤い包装紙の、これ?

スー:いや、こっちです。「超朝まで安心400」。

蓮見:同じメーカーでもいろいろとあるんですね。

スー:そうです。それを開けてみてください。

蓮見:これ? 開けますね。あれっ、なんかずいぶんと厚みが違いますよ?

スー:そうなんです。開けてみてください。

蓮見:開けてみます。はい。同じように畳んだ状態のものを広げます。あっ、ずいぶんと厚いですね。先ほどのロリエとかソフィとはまた違う。

スー:そうなんです。びっくりするぐらいの厚さでしょう?

蓮見:ええっ? というか、厚みもそうですけども……これ3、40センチあります?

スー:400っていうのはこれ400ミリっていうことなので、40センチなんですよ。

蓮見:40センチ?

スー:30センチの定規よりも10センチ長い。で、横幅もさっきのこの軽い日と比べてみるとちょっと違いますよね。厚みも。

蓮見:いや、全然違います。

スー:母さん熊と小熊ぐらいの大きさの違いがあります。で、これだけ量が違うんですよ。

蓮見:ええと、経血の量ということが。

スー:そうなんです。人によっても違う、日によっても違う。だから、そうですね。油揚げと厚揚げぐらい違いますね。

蓮見:違いますね!

スー:油揚げと厚揚げぐらいの違いがあるんですけど。厚みっていうか、吸収できる量で言ったら。その、これぐらい違うものっていうのを一回の生理で使います。すごく量が少ないって人は「普通の日」って書いてあるものだけで使い勝手が良いんですが、これは「朝まで超安心」って書いてあるでしょう?

蓮見:書いてあります。

スー:どういうことだか、わかります?

蓮見:要は……直感でいいですか? 寝る時につけておくもの?

スー:そうです。つまり、朝まで漏れたり、こぼれたりしないようにしたいからっていうので、「朝まで安心」なんですが……これで安心できるとは限らない。覚えてます? なんとなく記憶にあるでしょう。CMで若い女性が「どうしよう、漏れちゃったら……」みたいな。生理用品のCM。あれがいまだにやってるっていうことは、生理用品が開発されて何十年も経ってますが、いまだにやっぱり完全にそれを防ぐことは科学的にできないんですよね。だからやっぱり生理中はどうしても毎朝毎朝、起きるたびに「漏れてないといいな、下着が汚れていないといいな」って思いながら起きてる人もいます。

蓮見:これ、1日に何枚ぐらい使うんですか?

スー:これも日によりますが、1時間でこの400ミリの大きいものが真っ赤っ赤にお尻から前までなっちゃう人もいます。私もいちばんひどい時はそれぐらいまで行きます。

蓮見:へー! さっき、街録の素材にもあったんですけど、「会議中に取り替えたい。けども、いま席を外していいのかどうか、すごく悩む。行きづらい」っておっしゃっていたじゃないですか。

スー:もうね、長い会議なんて、ワシらにとっちゃあ戦争じゃ! だから、そういう時はこういう朝まで安心タイプとかを使うんですよ。そうすると、しばらく替えられなくても大丈夫かなって。でも、さっき言ったように立ち上がったタイミングでバッと出たりするんで、なかなか完全にカバーするのは難しい。あと「28日周期で来る」なんて言われてますけど、完全にそうとも限らないんですよ。

だから突然来ちゃったりすることもあって「いつから」っていうのがわからないんで、突然下着を汚したりするから生理の前ぐらいからは、こういう薄手のものをつけて予防する人もいるし。それでも上手くいかないことも……だからね、大人になって何回も失敗することが前提の自分コントロールができない生理現象が起こるっていうこと自体が、やっぱりちょっと自尊心を保っていくのになかなか厳しいんですよね。

蓮見:なるほどね。

スー:なので機嫌が悪くなるとこともあると思いますが。まあ各メーカー、いろいろと研究をしていて。これは、「ロリエ スリムガード」。ちょっと鼻に当ててみてください。

蓮見:ん? 鼻? 鼻に当てていいんですか? なんか、匂いがついていますね。

スー:そうなんです! これはスイートローズの香りつきということで。経血は時間が経つと匂いを発したりすることもあるんですよ。だからせめて気分をちょっと上げようっていうことでこういうのもありますが、場合によってはこれが原因でこういうのが肌に合わない。かぶれてしまうっていう人もいるし。あとはもういちばんのポイントとしては朝までブロック安心ショーツ。もう、どうしても漏れたくないっていう人のために……どうぞ。

蓮見:えっ、これはもうシートじゃないですよね?

スー:なんか、思い出しません? 赤ちゃんの……。

蓮見:オムツ?

スー:そう。

蓮見:いや、オムツですよ。これ、穿くんですか?

スー:完全にオムツタイプのものもあるんです。

蓮見:ああ、これはもう初めてです。見たの。

スー:オムツですよね。完全に。だからこうやっていろんなタイプのものがあって、自分の体に合うものっていうのを探しながら、できるだけ快適に過ごそうと思ってやってるんです。たとえば「ロリエのスリムガードシリーズ」だって、軽い日用から特に多い日・夜用までに12種類あるんですね。

蓮見:へー! じゃあこれ、使い心地のいいものを一種類って決めて、その月に5日、6日っていうのをしのぐというよりは、日によって全然違うものを使い分けている方もいるわけですね。

スー:そうです。日によって……量によってももちろん異なりますが、たとえば長時間立ち仕事をするショップの店員さん、バスガイドさんとか、そういう人はかなり大変だと思います。あと男女共用のトイレに行くと、これを替えに行く時に捨てる小さいサニタリーボックスっていうのが女性トイレにはあるんですけども。それがない場合もあるんですよ。だからそうなると、やっぱりなかなか……その汚れたものを持ち歩くのもなかなかメンタルに来るなっていうのもあるし。

別に誰かを責めている話ではもちろんなくて、「こんなに大変なんだよ!」っていうことを別に文句を言ってるわけでもなくて。まあ、ちょっと共有しておいてもらえるとありがたいなっていう割には、「ナプキンについてもそりゃあ知らないか」って思って。ちょっと実際に触ってみてほしかったんだよね。

蓮見:そうですね。

スー:そう。今日はいろいろと取り揃えたんですけども、いかがでしたか?

蓮見:いやー、もう本当に「ナプキン」と一括りでは言えない、まずこの種類。たとえばこれを妻なり、もし自分に娘がいて「買ってきて」と言われた時に、まず何を買ったらいいかも正直、これ戸惑いますよね。だから日頃から「知っていた上で話さない」のか、「知らなくて話せない」のか、これでもだいぶ共有する感覚って違うなっていうのはわかりました。

スー:おっしゃる通りすぎて、びっくりしました。だって、たとえば今回「買ってきて」って言われてこれを見たら、「昼用? 夜用?」とか「多いの?」とかなんとかっていうのがわかんなかったら、どれを買っていいかわかんないですもんね?

蓮見:わからないです。はい。

スー:さあ、生理用品をもう少し知りたいけど、男性の方で実際にこうやって買って手にすることができないっていう人にはエリエールのサイト。「エリス 女の子クリニック」というサイトがありまして。これは初潮を迎えた子たちに生理用品の選び方を教えてるサイトなんですけれども。これがね、非常にわかりやすいです。「スリムタイプがあるよ」とか「夜用、昼用があるよ」「羽根つきがあるよ」とかがあるんで、「エリス 女の子クリニック」。これをちょっと覗いてみるのもいいかもしれません。蓮見さんさ、これ、どうしよう? どうしたら、もうちょっとわかってもらえるかな?

蓮見:ん?

スー:その「エリス 女の子クリニック」を見てほしいなと思ったんですけど……使ってみません?

蓮見:あ、あの……ええっ? ええと、私が?

スー:うん。お嫌じゃなかったら。たとえばどういう使い心地なのかとか。だってこれ、家にどこにあるかのかとか、わかる?

蓮見:わからない。

スー:わからない?

蓮見:わからない。聞いたこともない。

スー:1回、やってみようか?

蓮見:やってみますか。じゃあ、リアルパッドマンということですね。映画の。

スー:そう。リアルパッドマン。実際にどういう肌の触感なのかとか。で、できれば1日に何回も取り替えてみてほしいんですよね。そう。それでちょっと……来週までにやってみようか?

蓮見:やってみましょうか(笑)。わかりました、つけてみます。

スー:お願いしてもいいですか?

蓮見:もちろんです。

スー:じゃあ、よろしくお願いします!