お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

1月27日(日)のゲストは名字研究家・高信幸男さん▼メッセージテーマは「料理について」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

あけましておめでとうございます。今年も日曜天国を宜しくお願い致します。さて、1月20日(日)の放送は…

▼ゲストに、名字研究家・高信幸男さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、「料理について」です。

ちなみに、にち10スタッフの「料理について」は…

「私はどうやら料理のセンスがないらしいです。スタッフの前で野菜を切ったら、悲鳴が上がりました。悲鳴が上がらない程度に、野菜が切れるようになりたいです」(20代♀・アシスタントディレクター)

「昨年の秋、柿とリンゴを大量にいただいたので、すりおろしてカレーにしようとハンドミキサーを購入。玉ねぎも人参も一瞬ですりおろせるのに感動したが味はお子様カレーで、食感は完全に離乳食だった。童心に返りいただきました…」(40代♂・ディレクター)

「航空自衛隊員だった父の得意料理が“スクランブルエッグ”でした。母が風邪などの時に作ってくれると『よっ! 田中隊員緊急出動! 正にスクランブル体制!』と言って、兄と二人で盛り立てていました」(30代♂・ディレクター)

「定年退職して悠々自適に過ごす父。読書とアニメ、韓国ドラマが好きな父にとって家が天国なので、ついでに夕飯を作って待っていてくれます。スパゲッティから始まり、今では鯵のたたき、青椒肉絲、角煮まで…。父の女子力に焦りを感じています」(20代♀・おでかけリポーター)

「子供の頃、刻んだキャベツとひき肉のスープが食卓に上がったことがあった。初めて見る料理だったので母に料理名を聞くと“ロールキャベツを巻くのが面倒になって具を刻んで煮たやつ”とのこと。まあ確かに、胃に入れば一緒ではあるが…」(30代♂・プロデューサー)

「包丁、まな板、鍋、電子レンジ、炊飯器に冷蔵庫。ひとり暮らしの私の家には、料理に関係するものがひとつもありません。この話をすると驚かれます。その後、憐れの目で見られます。もう慣れました。さらに『そんなんだから結婚できないんだよ!』と言われます。もう慣れました。ひとり暮らし歴17年目。寂しい夜にももう慣れました。ありがとうございます」(30代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、イラストレーター・岡田成生さん制作のにち10オリジナルポストカード その四十一 「嵐を呼ぶラジオ仁儀」をお送りしています!Let’sハッスル!