お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

日常生活で使いがちな適当な言葉…スマートな表現に言い換えるには?

ジェーン・スー 生活は踊る

1月24日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには、
ビジネスコミュニケーションの専門家中川路亜紀さん が登場!

「生活は踊る」には、2回目の登場となる、中川路さん。
今回のテーマは、“何気なく使ってしまう適当な言葉を「大人のセリフ」に変えるテクニック”

たとえば、美味しいモノを食べた時。
「ヤバイ!」なんてセリフが口をついて出てしまい、
恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

そんな日常生活で思わず使ってしまう適当な言葉。
一体、どんな表現をすれば、よいのでしょうか…

ラジオクラウドを聴きながら、一緒に考えていきましょう。

料理の感想をスマートに伝えるには…『五臓六腑にしみわたりますね。』

「美味しい」という感想を伝えるにも、
気の利いた表現をいくつか知っておくと便利ですよね。

たとえば、『五臓六腑にしみわたりますね。』といった表現。
元々は、お酒に対する感想を述べる際に使う言葉ですが、
最近は、料理についても使われるようになったそうです。

ただ、ちょっと大げさな表現のような気も…
ほかには、「上品なお味ですね」であるとか、
旬の食材が出てきたときには、「季節の香りがします」なんてのも有効です。

「ヤバイ!」をスマートに言い換えると…『際立っていると思います。』

食べ物の感想に限らず、
昨今は、なにかを“ほめる”シーンで、
「ヤバイ!」という表現が定着していますよね。

中川路さん、この「ヤバイ!」をスマートに言い換えると?

たとえば、『際立っていると思います。』がよいですね。
ほかにも、「目を疑いました」「初めて見ました」といった表現も、
言われた方は気持ちがいいと思います。ただ、「ヤバイ!」は、もともと“危うい”という意味。
悪い意味で使う場面では、「ご心配ですね」
「困ったことにならなければいいのですが…」が適切です。

 

今回ご紹介いただいた表現の数々。
ふだんのフランクな会話では、あまり使いませんが、
目上の方と食事に行かれる際などに、
すっと出てくると、役立つ場面もあるかも!

そんな便利な大人の表現が、およそ300フレーズも集約されている、
中川路亜紀さんの著書『気のきいたモノの言い方ができる本』は、
ダイヤモンド社 より、税込1,404円 で販売中です。
ぜひ、チェックしてみてください!

中川路亜紀さん、ありがとうございました!