お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

鍋にぶっこむだけ!「簡単やわらかピリ辛チキン」

ジェーン・スー 生活は踊る

健康な生活習慣、そして理想のボディを手に入れたい…でも誘惑に負けてしまい食事制限や運動が計画通りに進まない…そんなときにアドバイザーとして役に立つのが「健康管理アプリ」です。このアプリを、生活習慣が乱れている番組の三十路メンバー3人にあてがって、指示を忠実に守ったら果たして3カ月後には、どのような変化が起こっているのかを検証していく企画です。企画スタートから2カ月経ち、続けていく上で、それぞれが工夫も目立ってきました。今回は3人から、食べ物についてのアイデアを紹介してみたいと思います!

3分でできる「ダシがきいた低糖質まぜそば」

タニタの健康管理アプリ「ヘルスプラネット」が相棒。2カ月で体脂肪が-1.9%、気になる基礎代謝も順調に上がっている月曜構成作家・ニイヤユウスケ33歳から、レシピのご紹介です。

湯でずに食べれる便利な紀文の「糖質0g麺 丸麺タイプ」。でも糖質ゼロはいいけど、さすがに毎日だと飽きてくる。そんなときにオススメな方法です。これを2分間レンジで温めて、スーパーなどで売っている「山形のだし」と「マヨネーズ」を絡めるだけ。これで低糖質の美味しい「まぜそば」の完成です。

低温調理でピリ辛やわらかチキン

続いては、「糖質チェッカー」というアプリがアドバイザー。2カ月で、体脂肪率が-2.1%!気になるウエストも多少すっきりしてきた月曜サブ作家・ヤマサキダイゴ28歳から、たんぱく質を効率良く取り入れるためのアイデア。実践している、糖質オフは「食べる量を全体的に減らす」のではなく、「減らした分はたんぱく質を多く摂らないといけない」というものです。ですが、普段以上のたんぱく質を摂るのは結構辛いもの。そんなときに役に立つのが「肉のハナマサ」の活用です。

とにかく「鶏むね肉」が2キロで790円と安い!100gで40円(※赤坂店)。今回スタッフが5つのスーパーの鶏むね肉の価格を平均してみたところ、100g で68円。やはり圧倒的にハナマサが安い!しかし、ボリュームが多いので今度は調理の方法です。

ハナマサの肉はひとつが大きかったりするので半分に切ります。厚みのある部分は切れ込みを入れておいてもよいかもしれません。


200gの肉に対して3リットルの水を沸かします。


沸かしたら火を止め、肉を入れます。あとは10分前後そのままにします(温度が下がるので蓋があれば蓋をしてください)。沸騰したまま急激に火を通すと固くなるので、このように低温加熱するとやわらかく仕上がります。

調理器具や素材、肉の厚みによって火の通り方が変わるので、赤い部分が残っていたらもう一度鍋に戻して温めてください。


豆板醤、しょうゆ、ごま油をかけてみて食べてみて下さい。また、味に飽きたら冷蔵庫にある調味料をいくつか試してみるとよいでしょう!これによって、1日に必要な摂取たんぱく質量が摂取できますよ!

究極に面倒な人はファミマの「チキンステーキ」

「カロリーママ」というアプリがパーソナルトレーナー。2カ月で、目標の筋肉量が-0.2kgとわずかに減ってしまった番組プロデューサー・クボタソウヘイ35歳から、究極に面倒くさい方向けのタンパク質摂取方法です。

筋肉スコアがマイナスというクボタPは、筋肉量を付けるための努力をしています。そして筋肉を付ける上で欠かせないのがたんぱく質です。それを摂取するときに楽ちんなのが、1月に発売したファミマの『チキンステーキ』。「革命」と言っても良い商品。ホットスナックなのにたんぱく質が20gオーバー。かつ糖質はわずか7gほど。たんぱく質はサラダチキンとほぼ一緒なので、ちょっとジャンキーで温かいものを食べたいな~というときは助かりますし、精神面的にも楽。しかも価格は1個220円(税込)。

▼チキンステーキ  
熱量:256.8kcal
タンパク質:22g
炭水化物:6.7g

▼ファミチキ
熱量:251.77kcal
タンパク質:12.7g
炭水化物:14.8g

ぜひ、上手に取り入れて健康管理に役立ててみて下さい!