お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

”猟師さんの勘”を見える化!「ioT」を利用した鳥獣対策!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

今週は「AI時代の鳥獣対策」に好奇心!

今回は三重県で実際に鳥獣対策をされている、中井辰徳さんにもお電話を繋ぎ、
「ioT」を利用し、鳥獣対策用の罠向けのセンサーを開発されている、「株式会社huntech(ハンテック)」の代表・川﨑亘さんにスタジオにお越しいただきました。

■三重県で実際に鳥獣対策をされている、中井辰徳さん

フロッグマン「鹿・イノシシ・猿による農作物の被害などが主にあるそう。
 全国的に数字的には減ってきているものの、
 家庭規模の被害は算出されない為
      実際には増えていると考えられるそう!」

伊東楓「アライグマやハクビシンなど、外来種も増えているみたいです!
 可愛い顔して危険な!」

フロッグマン「ほっといて減るわけではないので、
 人の手で減らしていかないといけない・・・。
 むずかしい問題です。」

■「株式会社huntech(ハンテック)」代表・川﨑亘さん

フロッグマン「社名の由来は・・・
 ”ハンター”&”テック”でハンテック!」

伊東楓罠猟・害獣駆除の効率化を実現する電子タグ
 『スマートトラップ』を販売されています。

 お持ちの罠に設置することで、罠の作動状況を24時間監視し、
      獲物を捕獲した場合は即時にメールで通知するそうです。」

フロッグマン「GPSが入っているのでどこでどう捕れたかなどの記録が残る事で
 ”猟師さんの勘”を見える化!これにより見回りの効率化!
 罠に獲物がかかっているときと
      掛かっていないときで装備が違うんですね。」

伊東楓「今後、他のことにも活用できるかも!?
 たとえば、地すべりの検知など。
 人が見に行くのが危険な場合にも良いですね。」

フロッグマン「猟師さんの経験や理論を後に残すこと、
 地域への貢献が出来ていければ!と!」

■<AI犬 ドッチくん>のアプリがついにリリース!

ドッチくんのアプリ(無料)がついにリリース!!!!
現在<iPhone><iPad>のみ対応です。
App Storeで「好奇心プラス」と検索してください!!
あなた専用のドッチくんがあなたの手元に!!
ぜひ可愛がってあげてください!

ラジコでもお聞きいただけます。http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190208210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)