お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 2月11日放送分】アメフトのトップ選手からアナウンサー、そして現役復帰~有馬隼人さん▼川越東高等学校の「新聞文芸部」、教えて!学校生活!▼石井大裕×玉田志織×小林萌夏(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2019年2月11日(月)放送後記

スタジオは、高校2年生の小林萌夏(こばやし・もか)さん、

高校2年生の玉田志織(たまだ・しおり)さんとお送りしました。

 

<高校生の主張>
毎回、TBSラジオキャスターが首都圏の高校に伺い、現役高校生たちに

学校生活にまつわる話題を取材します。

 

今週も、埼玉県川越市にあります男子校、

「川越東高等学校」をお訪ねしました。

埼玉県有数の進学校で、教室や食堂を始め、グラウンドや

体育館など、あらゆる施設が充実しています。

取材にお邪魔したのは、川越東高等学校の「新聞文芸部」です。

部長で2年生の原田航大(はらだ・こうだい)くん、

後藤由安(ごとう・ゆあん)くん、そして、

鎌田悠生(かまた・はるき)くんにお話しを伺いました。

TBSラジオキャスターの田中ひとみによる取材です。

 


田中キャスター

「川越東高校の『自慢』を教えて下さい」
生徒
「日本最大級の『体育館』です。バスケットボールのコートが6面あって、相当広いです。去年の体力測定の時に雨が降りまして、50メートル走も体育館で実施しました。余裕で走れます。広い倉庫のような雰囲気です」(鎌田くん)、「人工芝のグラウンドがあります。サッカーのコート1面分、さらにフットサルコート、ソフトボールも人工芝の環境でプレーできます。テニスコートはマルチコートが3面分、さらにラグビー用の第二グラウンドがあります」(後藤くん)

 


(左から)原田くん、後藤くん、鎌田くん

田中キャスター

「将来、就きたい職業を教えて下さい」
生徒
「公立中学校の国語の教員になりたいです。中学生の時に、国語の先生の感銘を受けたからです」(原田くん)、「今は『これ』といってありませんが、新聞製作などを通じて、メディア、報道する側の立場も知ることが出来たので、将来は、そういった情報を発信する側の立場として社会にはばたけていけたらと考えています」(後藤くん)、「やはり、新聞文芸部で3年間、学んだことを、何かしら活かしてゆけたらなと考えています」(鎌田くん)


4日の番組でご紹介しましたが、今回の取材を
川越東高校新聞文芸部の新聞「AKIRA FIRE」が
記事にしてくださいました。ありがとうございます。
詳しくは、川越東高校新聞文芸部のTwitter、
「川越東高校新聞文芸部 KTNP通信」を検索して、
ぜひご覧下さい!この番組の情報も積極的に発信してくれて、
こちらのTwitter、とても充実していますよ!

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

スタジオには、アメリカンフットボールのコーチで
ラジオパーソナリティ、アナウンサーの
有馬隼人(ありま・はやと)さんをお迎えしました。

11日の放送では、アメフトのトップ選手だった有馬さんが、
アナウンサーを目指した理由や、高校生へのメッセージなどを
お話しいただきました。

 


有馬隼人さん。

広島県出身。大阪府立箕面高校でアメリカンフットボールを始め、クォーターバックとして頭角を現しました。関西学院大学に進むと、1年生からレギュラーメンバーとして試合に出場。大学日本一に貢献するなど活躍し、4年生の時には大学アメフト界の「最優秀選手」に選ばれました。卒業後はTBSにアナウンサーとして入社し、情報番組やスポーツ中継などを担当。TBSを退社後、アメフト選手に復帰したのち、引退。現在は社会人チームのコーチを務めると共に、TBSラジオ・金曜日の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」のパーソナリティ、木曜日の「伊集院光とらじおと」のアシスタントや、テレビの報道番組のメインキャスターなどを務めています。

石井大裕アナウンサー
大学アメフト界で活躍した有馬さんが、なぜアナウンサーを目指したのですか
有馬隼人さん
子供のころからスポーツ選手には憧れていて、スポーツ選手の道を進みたい気持ちはありましたけれど、まず、日本にはアメフトのプロリーグが無いんですね。社会人リーグは「実業団チーム」「クラブチーム」といって、社会人として仕事をしながらプレーをしているんですね。僕は、大学時代も身体の能力でプレーするタイプでは無かったので、これで仕事をしながらアメフトとなると、通用しないのではないかと考え、アメフトを辞めました。そして、スポーツを外側から盛り上げる仕事にも興味があり、「こうやったら面白いだろうな」という意見も持っていたので、いろいろな仕事を探してゆくなかで、アナウンサーを志望しました。
石井アナ
高校生に贈る言葉は?
有馬隼人さん
やっぱり「勉強をしなければいけない」とか、「進学をしなければいけない」とか、「親の期待に応えたい」など、いろいろな理由はありますけれど、「自分がやる理由」を見つけてほしいです。「やらない」「やりたくない」など「逃げる理由」は、すぐに、いくらでも見つかるのですが、「やりたい理由」「やらなきゃいけない理由」は見つかりにくいんですね。自分がやることによって、どんなことがポジティブに動いてゆくのか、それは「お父さん、お母さんが喜ぶ」でも良いし、もし今、それがわからなくても、「この勉強をやっておけば、将来、得するかもしれない、得するとしたら何だろう?」と自分で考えてみるとか、それで自分で納得し始めると前向きにどんどん進んで行きます。それを自分で考えるようにして欲しいですね。

 

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=201902112100

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、スタジオに遊びに来たい高校生など、募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

《おまけの一枚》



風邪やインフルエンザが流行っていますね。
2人の高校でも、先生が感染したり、
学級閉鎖があったりと大変だそうです。
2人は、対策もバッチリです!
皆さんも、うがいや手洗い、じゅうぶんな睡眠、
マスクの着用などで、気を付けてくださいね。
そして、今、辛い状況に置かれている方、
おだいじに。早く良くなりますように。

受験シーズン真っ只中です。
ラジオをお聴きの受験生の皆さん、頑張ってくださいね!

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================