お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

街角のお惣菜を見つける【惣菜ハンター】谷中で「ミョウガ寿司」に出会う

ジェーン・スー 生活は踊る

シティーにあふれる数多の総菜店の中から、リスナーが寄せてくれた情報やスタッフのリサーチを元に、TBSアナウンサー小笠原亘が極上のお惣菜をハントする「惣菜ハンター」。

今回の指令は・・・

「宝家の『みょうが寿し』をハントせよ!」

日暮里駅から2分ほど歩くと、「夕焼けだんだん」という階段があり、その通りが「谷中銀座商店街」。商店街を抜けて、右に曲がって「よみせ通り」にあるのが「宝家」。

お店は創業およそ60年で、大阪のお寿司を扱っています。この「みょうが寿し」、どうして作るようになったのか。ご主人の高見勇(たかみ いさむ)さんにお話を伺いました。

「地元の富山で、昔母親が作ってくれたのを思い出し、作ってみたの。中華料理のミョウガの調理法からヒントを得て、さらにおいしく改良したのが今のみょうが寿しなんだ」


83歳にして現役のご主人への「みょうが寿し」への思い入れは強い。

「1日、80〜100パックぐらい売れます。遠くからも買いにきてくるんです。ミョウガは高いと300円くらいするけど看板商品だから360円から値段は上げない」

大阪では一般的な「茶巾寿し」「箱寿司」もオススメだそう。
この日の朝に作ってもらったみょうが寿しをスタジオにも用意すると・・・


「おいしい!コーナーの間に1パック食べちゃった」(ジェーン・スー)

<83歳現役のご主人のお元気な声はこちら↓>

大阪寿司「宝家」

■営業時間:午前10時〜午後7時
■休業日:水曜日
■谷中銀座商店街のお隣の「よみせ通り」
日暮里駅から徒歩5分ぐらい、千駄木駅だと3分ほど
■「みょうが寿し」は1パック360円です。

ハント指令を募集中

これからも知る人ぞ知る総菜店を小笠原亘がハントしていきますので、ハントしてほしい惣菜店を送って下さい。お客さんはもちろん、お店の方からのハント指令もお待ちしています!
宛先:so@tbs.co.jp