お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

第8回 徳永大輔さんの “食のサポート” で子ども&子育てパパママを応援するお仕事とは?

ハツデンキ

皆さん、こんばんは!
地域を元気にするプロジェクトを発信し、地域に光を当てる、
“発電機”のような活動をしている方をゲストにお迎えし、
そのユニークな視点や取り組みについて、お話を伺う番組「ハツデンキ」!

第8回となる今回は、
「子どもの食」や「子育て中のパパママを応援」する
取組みをされている会社に注目!ということで、
どのご家庭にも必ずある“アルミホイル”でお馴染みの
東洋アルミエコープロダクツ株式会社・マーケティング部より
徳永大輔(とくなが だいすけ)さんにお越し頂きました!
徳永さん、ようこそ「ハツデンキ」へ!

アイデアカンパニーTAN-SUでは、現在、東洋アルミさんと“おちゃのま”を
ワクワクさせるような商品開発に取り組んでいるんです!
今回は徳永さんに東洋アルミさんが開発してきた「食」の
サポートアイテムについてお伺いしていきたいと思います。
この日もたくさんの商品を持ってきてくださいました!

東洋アルミさんと言えば、銀色パッケージの「サンホイル」でお馴染み。
日本で初めてアルミホイルを発売した会社なんです!
1963年の発売からご家庭で愛されているロングセラー商品は、
皆さんもご存知ですよね。

どのご家庭にも必ずと言っていいほど常備されているアルミホイルですが、
皆さんはどんな使い方をされていますか?
ホイル焼きに使ったり、オーブントースターに敷いたり、
おにぎりを包んだり、定番の使い方はもちろんされていると思いますが・・・
アルミホイルの知られざる活用術について徳永さんに教えて頂きました!

例えば、アルミの伝導性を活かして、炊飯器にアルミホイルで
包んだ卵を一緒に入れるとゆで卵が完成!これには山本アナも
「やってみたい!」と興味津々。

また、アイロンを直接当てると傷みやすいデリケートな素材の衣服に
アルミホイルを間に挟むと熱の伝導が緩やかになるそうです!

さらには、光を通さないアルミホイルは、光で痛みやすいものや
酸化しやすいものを入れた容器に巻くと酸化防止になるそうです。
キッチン以外でも大活躍しちゃうんですね~!!

そのほかにも、東洋アルミさんは「子どもの食」サポートを通して、
子育て中のパパママを応援する商品を開発されているんです。

その代表が「お弁当用カップ」!お弁当のおかずの仕切りに使うアレです!
「お弁当自体が楽しくなるようなお手伝いをしています」と徳永さん。

カラフルで可愛いカップで彩られたお弁当って、
お子様にとっては好き嫌いを減らすきっかけになったり、
さらには親子のコミュニケーションのきっかけになったりしますよね。

「私も完食したお弁当を見せて母とコミュニケーションを取っていました!」と
山本アナも学生時代を懐かしんでいました。

お弁当箱のサイズに合わせてカップのサイズもさまざま。
子どもの成長に合わせてお弁当用カップもサイズやデザインが
変わっていくのだそうですよ。

そして、現在TAN-SU所属アーティストのリベットボタンが手がける
キャラクター「ベジパンズ」で東洋アルミさんと新たな「お弁当カップ」を
開発中なんです!

ベジパンズは、パンツを履いた野菜(ベジタブル)のユニークで
とっても可愛いキャラクター!
野菜嫌いの子どもにも、ベジパンズを通して野菜好きになってもらいたい!
という想いも込められているんです。

「食べ終わった後にメッセージが出てくるお弁当レターになると面白いですよね」と
MC山口さん。
子どもとママパパにとっても新しいコミュニケーションツールになりそうですね。

ベジパンズお弁当カップは8月31日(やさいの日)発売を目指し、
東洋アルミさんとTAN-SUが二人三脚でがんばっています!
お披露目をお楽しみに!

「ちなみに可愛い子がもう一体目の前にいるんですけどこの子は・・・?」と
可愛いものに目がない山本アナがすかさず注目したのは、
真っ白なくまの妖精「フィルたん」です。東洋アルミさんの人気グッズでもある
レンジフードや換気扇などで活躍するフィルターから生まれた妖精なんだそうですよ。
このフィルターも本当に便利で欠かせない商品ですよね〜!

さて、さまざまな食のサポートにまつわるお話を伺わせていただいた徳永さんに最後の質問です!

徳永さんの「発電の素(もと)」=「ハツデンキ」は何??

徳永さんのお答えは、ズバリ、「お客さまの暮らしに役立っているという実感」!
そう言って見せくださったのは徳永さんの宝物「お客様の声」が直筆で書かれたハガキ。
「東洋アルミさんのお弁当用カップとともに、30年もお弁当を毎日作ってきてきました!」という
じんわりするメッセージも。

お客様からダイレクトに届いたひとつひとつの声が、
日頃のお仕事の活力になっているのですね。
MC山口さんと山本アナも徳永さんの「発電の素」に納得&感動です。

MC山口さんから見る徳永さんは、商品開発ストーリーのデザイン力と
その根底にある「優しさ」の持ち主なのだそうです。共に商品開発をする中で、
徳永さんの「こういう風に届いたらいいな」という優しい想いが
商品開発に反映されていることを実感しているそうです。
TAN-SUと東洋アルミさんのコラボ商品の完成が待ち遠しいですね!
お話は尽きませんが、今回の「ハツデンキ」はここまで!

徳永さん、本日はありがとうございました!!これからも“食のサポート”で子どもたちや
ママパパの暮らしを照らすハツデンキとしてご活躍ください!

次週の「ハツデンキ」は3月2日(土)!
どんな方がゲストで登場してくださるのでしょうか?

どうぞお楽しみに!