お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「世界はどこまでサブスク化できるのか?」Part3▽鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、崎谷実穂、村山佳奈女、塚越健司、海猫沢めろん、三上洋、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年2月24日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

崎谷実穂さん(撮影:ササキミチヨ)

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、柳瀬博一、崎谷実穂、村山佳奈女、塚越健司、海猫沢めろん、三上洋、宮崎智之、斎藤哲也

〇モノのサブスク
・ネット上の非競合財でのサブスクリプション(c)
 →競合財へと広がる(c)
・トヨタの自動車サブスクリプションに興味(リスナー)
 →物を持つことをリスクに感じるように(リスナー)
・花が定期的に届く「Bloomee LIFE」(崎谷)
 →廃棄率の高い生花を利用することで売り手も買い手も得(柳瀬)
・賞味期限の切れた食品のサブスクがあれば(リスナー)
 (「Reduce GO」などのサービスが既にあるそうです)
・化粧品の再利用「My Little Box」(村山)
 →こだわりの無い範囲をサブスクするのがちょうどいい(村山)
・マニアの手前の層を掘り返すためのサブスクかも?(村山)
 →ライトユーザー向けに廃棄予定のものをマッチング(c)

〇買っているのは物語
・食べ物のストーリーを伝えつつサブスクする「食べる通信」(宮崎)
 →体験・ストーリーをのせると定額課金に乗れる(宮崎)
・サービスの提供とサブスクがどう噛み合うか(c)
・「わざわざ」する観光とサブスクは対置(柳瀬)
 →ユニーク性のあるものはサブスクに向かない(c)
・ネットの発展が観光化とプラットフォーム化の両極に(柳瀬)
・ネットでつながることで生鮮食品のサブスクが可能に(柳瀬)
 →送り手と繋がる体験(c)

〇太客たちのサブスクリプション
・ジビエのサブスクが欲しい(塚越)
・地方のおいしいもののオーナーになれる「OWNERS」(崎谷)
・サブスク化するふるさと納税(斎藤)
・物語を共有することでトラブルに寛容に(宮崎)
・ブランドのファンを作るのにサブスクは役に立つ(c)
・サービスを提供する「人」との繋がりへの課金(c)
・「そこに課金したい」人たち(速水)
 →嵐の活動休止会見の次の日に嵐のファンクラブ会員が増える(速水)
・「故郷を助けたい」「有名人にお金を払いたい」サロンビジネスに近い(柳瀬)
・日本総太客化(村山)

〇サブスクによる音楽の変化
・Lifeもサブスクにしては……(塚越)
・音楽も本も流通ラインに乗せず直接売れるように(速水)
・音楽業界の収益回復(柴那典さんよりメール)
 →勝者総取りの傾向が強く(柴那典さん)
・直接お金を落とせるようになったら好きなアーティストが偏った(速水)

  text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2018/06/10
「食の平成史~この30年で食べるようになったもの・食べなくなったもの」
https://www.tbsradio.jp/life/2018061030/index.html

2015/02/22「No Music, No Life?~音楽はいまどう聴かれているのか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150222no_music_no_life/index.html

このパートでかけた曲
●DRAKE “God’s Plan” (速水健朗さん選曲)

参考資料