お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「世界はどこまでサブスク化できるのか?」Part6▽鈴木謙介、速水健朗、柳瀬博一、崎谷実穂、村山佳奈女、塚越健司、海猫沢めろん、三上洋、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年2月24日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

村山佳奈女さん(撮影:ササキミチヨ)

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、柳瀬博一、崎谷実穂、村山佳奈女、塚越健司、海猫沢めろん、三上洋、宮崎智之、斎藤哲也

○住む国を選びたい
・国家のサブスクリプション化(柴那典さんからメール) 
 →個人アカウント発行プラットフォームとしての国家に
 負担金として税金を(柴)
 →サービスや文化でプラットフォームを選べれば面白い(柴)
・ふるさと納税、教育や医療のサブスクリプション化(c)
 →公共サービス全般をサブスクリプション化できるか(c)
・難しいのがデータの取り扱い(塚越)
・情報強者じゃないとできない(塚越)

・10年ぐらい前にあった「監視社会」という批判が減ってきた(c)
 →共同監視の社会に(塚越)
・大量のカメラから逃げ続ける「ゴールデンスランバー」のリアル(c)
 →ヨーロッパならアウト(速水)
 →GDPRはもうEUの話だけでない(c)
・グローバリゼーションの波は止まりつつある(c)

○サブスクできないこの身体
・国を解約したい!乗り換えたい!となった時に(速水)
・移住はお金と時間がかかる(柳瀬)
・人間が逃れられない物理的な問題が抜け落ちがち(柳瀬)
・アメリカの安全さはアメリカの防衛力にただ乗りしている(c)
・乗り換えたい移民を拒むEU(柳瀬)
・物理的な場所の問題はより大きくなっていく(柳瀬)
・民主国家なら自分たちで運営しなきゃいけない(斎藤)
・どこの自治体に課金するか選べる(c)
 →姥捨ての危険(c)

・インターネットという仮想空間にあるサブスク(柳瀬)
 →動けない、メンタル的に合わない問題(柳瀬)
・地方に移住したが地方には小説家の仕事はない(海猫沢)
 →基本的に地方は収入安くて物も安い(海猫沢)
・都市も選択して生きていると言えば生きてる(速水)
・サブスクするものを選べればいいけど体は一つ(c) 
 →身体に関わるものは効率化しきれない(c)

○労働の脱サブスク
・日本の会社はサブスクリプション(柳瀬)
 →この30年でサブスクな労働は良くないとわかった(柳瀬)
・仲間として囲い込み、あとから給料上げるってモデルだった日本(c)
 →トッププレイヤーを集めるよりチームワークでやる方へ?(c)
 →二重底の問題(c)
・企業の労働力が定額働かせ放題「低額」になってない?(c)
・飛行機のサブスクサービスが欲しい(村山)
・次回は10連休の入り口4/28!(c)

○Life関連アーカイブ

2016/02/28「ここに住みたい~これからの『住む場所』の選び方」
https://www.tbsradio.jp/life/20160228/index.html

2011/02/27「ふぞろいのグローバル化」
https://www.tbsradio.jp/life/20110227/index.html

参考資料