お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「菜の花」は茹でないほうがいい!って知ってた?

ジェーン・スー 生活は踊る

菜の花、今年はもう食べましたか?今回は「旬の菜の花のオススメの食べ方」を料理研究家の浜内千波先生に伺いました。

菜の花は、キッチンのドクター!

菜の花は、和種・西洋種とあって、ちゃんと見てみると、すこーし違いがあるんです。

こちらは西洋種!

ベーターカロテン、ビタミンC、E、B1、B2、K、鉄、食物繊維、カルシウム、亜鉛、マグネシウム・・・たくさんの栄養素が入っています!そして、あぶらな科の中でも特に有名な野菜で、辛味成分がガン予防・肝機能をよくして解毒作用があり、キッチンのドクターとも!(ちなみに、あぶらな科…ブロッコリーの新芽(スプラウト)、ケール、カリフラワー、キャベツ、カブ、小松菜、青梗菜)

菜の花、下茹でする?しない?

そしてポイント!菜の花を食べるときって、下茹でしますよね?実は、菜の花は、茹でずに直接料理をした方が、ビタミンC、B、カリウムなど、栄養が逃げないんです。また、油と一緒に食べると、栄養の吸収が良くなります。

春を感じる!菜の花とあさりの蒸し煮

あさりも肝臓の働きを強くする共通点があります。そのほかの栄養素(ビタミンB2、亜鉛、マグネシウムなど)共通する栄養素が多いため、菜の花とあさりで、ほとんどの栄養素が摂れることになるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼材料は・・・(2〜3名分)
菜の花  150g   あさり(殻付き) 150g  塩 少々  水  大さじ3 サラダ油 大さじ1  黒胡椒 適宜

▼作り方は・・・
1、菜の花は半分の長さに切り、下半分の根本部分は縦2等分にする。
2、熱したフライパンにサラダ油を入れ、根本部分をざっと炒めたら、あさり、残りの菜の花、塩、水を入れて蓋をしてあさりの殻が開くまで火を通す。
3、黒胡椒をかけてできあがり!

スー&小笠原 「春の色・春の香り!大人のえぐみがおいしい!!」

ちなみに、あさり以外に、「菜の花」と合う食材は、旨味の強いベーコン・豚肉・えび・牛肉・豆腐などがオススメ!
まだまだ旬が続きます。ぜひ、菜の花を使ってお料理してみてくださいね!

ピックアップ