お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

平成の卒業ソング 20代の定番は「3月9日」

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

いよいよ卒業式のシーズンですね。この春は「平成」という時代ともお別れする「平成最後の卒業式」です。そこで、今週は「平成の卒業ソング」を特集します。

「平成の卒業ソング」と聴いて、パッと思い浮かんだ曲は何ですか?ユーミンの「卒業写真」や海援隊の「贈る言葉」が浮かんだアナタ!!私も大好きな曲ですが・・・それは「昭和の卒業ソング」ですよ。最近の曲だと思っていた尾崎豊さんの「卒業」も実は昭和!!松田聖子さんの「制服」に、長渕剛さんの「乾杯」・・・。『あれ!?私が浮かぶ卒業ソングは昭和ばかりだ!!』というアナタ!そうですよね、どれも名曲ぞろいですもんね。ですが!今週は、私・檀れいと一緒に「平成の卒業ソング」の定番を学びましょう!
     
平成の卒業ソング。まずは、10代・20代にとって、絶大な支持を得ている「卒業ソング」。
     
本日紹介した曲は
◆3月9日/レミオロメン
2004年、平成16年の3月9日に発売されたこの曲。元々は、3月9日に結婚した友人を祝うために作られ、発売当初は、それほど大ヒットした訳ではありませんでした。しかし、発売から1年以上経った、平成17年の秋。沢尻エリカさん主演のドラマ「1リットルの涙」の中で、合唱曲として使われた事で、大人気に。その後、「卒業ソング」として、たくさんの学校で、歌われるようになりました。 
    
◆空も飛べるはず/スピッツ  
1994年。平成6年に発表されたスピッツの名曲。こちらも発売当初は静かなスタートで、卒業ソングのイメージもありませんでしたが、2年後の平成8年。高校生の卒業までを描いたドラマ「白線流し」の主題歌になり、卒業ソングとして、大ヒット。ミリオンセラーを記録しています。 
       
最近では、小学校の卒業式でも、袴を着るお子さんが増えているそうです。袴姿のお写真を、前撮りをする子も多いそうで、華やかで素敵ですね。

番組では皆さんからのおたよりをお待ちしております。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。