お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「職場のいじめ」について

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週金曜日の6時10分頃からは、「知って良かった!明日への備え」。知ると知らないのとでは大違い!ということで「リスクと上手く付き合う情報」を伝えるコーナーです。

リンク総合法律事務所・所長で弁護士の紀藤正樹さんが登場!

3月8日は、リスナーさんのお悩みに答えていただきました。

 

■大宮市「匿名希望」さん(28歳・女性)
職場での「いじめ」の相談です。
私は大人しい性格で、ハキハキしゃべったり、
自分の意見を言うのが苦手です。
それが、職場の先輩のカンに触るのでしょう。
ターゲットにされてしましました。
嫌味を言われたり、私にだけ仲間外れにされたり。
精神的に参ってしまい、夜も眠れず、
会社にも行けなくなってしまいました。
医師に休職の診断書も書いてもらいました。労災は認められますか?

 

Q、長時間労働が原因で精神を病む方も?
・職場の「いじめ」が原因で、うつ病などの精神疾患になり、労災を申請する人が増えています。精神疾患になった原因が「いじめ」の場合・・・
①上司や同僚から「給料泥棒」や「脳なし」といった人格を否定するような言葉を毎日言われ続ける。
②殴られて病院や治療が必要な怪我をした。
…といった状況があれば、原則として労災と認められます。
・怪我の場合は証明しやすいですが、言葉のいじめは難しい。毎日メモを取ったり、ICレコーダーで録音しておけば有力な証拠になります。
・長時間労働が原因の場合・・・
①発症直前の2か月間で、月120時間以上の時間外労働をした。
②発症直前の3カ月間で月100時間以上の時間外労働をした。
③一か月以上、休日を取らず連続勤務をした…など。
・労災保険は、事業主がお金を出して、健康を害した労働者を支える仕組み。発病したら、積極的に労災申請してよい。とはいえ、発病後は本人だけで申請するのは大変。家族や周りの人がサポートをし「あぶない」と思ったら休むのが一番です!!

 

「知って良かった!明日への備え」はラジオクラウドで配信中です。詳しい答えは是非、こちらでお聴きください。

AIG損保のホームページはこちら!
https://www.aig.co.jp/sonpo


このコーナーでは、詐欺、盗難、自然災害、病気…などあなたの身の周りで起きた体験談を大募集!!また、「備えていたから助かった」というエピソードもお寄せください。

〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「明日への備え 体験談」係まで

メール:ohayou@tbs.co.jp 

是非、ご相談内容に、コーナーの感想も添えてお送りください。

お便りが採用された方には「デパート商品券5千円分」をお送りします。