お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり
  • PR

「ジャスティン・ビーバーさんがリツイートしたのは、実は『ピコ太郎のニセモノ動画』でした!2億回くらいの再生がそっちに流れて悔しいです(笑)」古坂大魔王さん!

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

3月8日は、お笑い芸人でプロデューサーの
古坂大魔王さんをお迎えしました。

青森県出身の古坂大魔王さんは、
1992年、お笑いトリオ「底抜けAIR-LINE」として
デビューし、お笑いと音楽を掛け合わせたネタを武器に
フジテレビ「ボキャブラ天国」などバラエティ番組で大活躍。
お笑い芸人としてだけでなく、プロデューサーとして、
人気音楽グループの楽曲を制作するなど多岐にわたって活動、
2016年には、パンチパーマにサングラス、そして
アニマル柄の衣装を身にまとった謎のシンガーソングライター
「ピコ太郎」をプロデュースし、Youtubeに公開した動画
「PPAP=ペンパイナポーアポーペン」の再生回数は
なんと4億4000万回を突破、社会現象となり、当時は
老若男女、真似る人で、まるで「一億総ピコ太郎状態」でした。
お笑い芸人で世界を巻き込む稀代のプロデューサーとして
さらに活躍を続けていらっしゃいます。

冒頭「おはようございます!桐畑トールさん」と、
この日のスタジオには居ない、らじおと出演者で
ご自身の友人の名前を呼んで登場したあと、
テンション全開、抜群のサービス精神で
番組に臨んでくださった古坂大魔王さん。

社会現象を巻き起こした「ピコ太郎」ブームのきっかけである
ジャスティン・ビーバーさんによる「ピコ太郎動画」の
リツイートについての真相や、アメリカのトランプ大統領と
同席した晩餐会の様子などをお話しいただきました。

詳しくは、radikoのタイムフリーでどうぞ。
下記のバナーからお聴きいただけます。

古坂大魔王さんの著書「ピコ太郎のつくりかた」は、
幻冬舎とNewsPicksのレーベル
「NewsPicksBook」から
本体価格:1300円で発売中です。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年3月8日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190308100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)