お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 音声あり

SEKAI NO OWARI のDJ LOVE、キュートなグラフィックの「オーバークック」で喧嘩する

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■オーバークックの厨房で喧嘩! 「流しに食材置いたの誰だ!(怒)」

「マイゲーム・マイライフ」のゲストは、前回に引き続き、SEKAI NO OWARI のDJ LOVEさんです。今回、DJ LOVEさんが紹介していたタイトルのうち、『オーバークック』というゲームが興味深かったため、ピックアップしていきたいと思います。


LOVE「オーバークックというシリーズがあって」

宇多丸「タイトル通り、料理のゲーム?」

LOVE「料理なんですけど、エクストリーム料理ゲームなんですよ。結構エクストリームな環境で料理を作って提供していくっていう」

宇多丸「インディーゲームなのかな? (調べながら)あ、かわいい」

LOVE「かわいいんですけど、後半になればなるほど、厨房がエクストリームな場所に」

宇多丸「なるほど。結構、厨房内を忙しく動くという……ものすごく仕事している感がハンパない(笑)」

LOVE「ちょっとしたバイトみたいな感じになりますね」

宇多丸「協力が必要なんですね」

LOVE「はい。これでめちゃくちゃ喧嘩しますね」


宇多丸「喧嘩するんだ(笑)。親睦じゃないんですか」

LOVE「もう、流しに食材を置いた奴は誰だ!(怒) みたいな」

宇多丸「おい、ちょっと! って(笑)」

LOVE「洗い物ができないだろぉ!(怒) みたいな感じで」

そして話題は、オーバークックの新作の話に。


LOVE「ヤっバいなぁ、また喧嘩するやつだなぁ、これ……。すげー!」

宇多丸「大鍋ですかね? ボォーッとこう、中華で、強火でガーッとやって」

LOVE「2から、食材が投げられるようになったんですよ。火を通す前の食材は基本、地面に置いてもOKというルールで」


宇多丸「ああ~。はははは。あれですね、熱を通せばいい理屈」

火を通す前なら食材を地面に置いてもOK、食材を投げてもいい、など、何かとツッコミどころも多そうなオーバークックですが、宇多丸さんの言うようにこれ、非常にグラフィックがかわいいのです。なのに、喧嘩になるほどのプレイスキルを求められるとは……。一体どんなゲームなのか、俄然気になったのでした。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

■今回のピックアップ・フレーズ

(ゲームから学んだことについて)

LOVE「怒りに身を任せたらいけないなっていうのが……」

宇多丸「はははは。感情的になられる傾向だそうで」

LOVE「一回、やらかしちゃったんですよね。あまりにも頭に来てしまって、ソファーをガンってやって。そしたら、中の木枠が折れて、ソファーを壊しちゃって」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

↓↓ 完全版トークはこちらから ↓↓

ピックアップ