お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「震災、そして原発事故から8年。崎山敏也記者の福島・取材報告」崎山敏也×石戸諭▼2019年3月12日(火)放送(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。


荻上チキさんが溶連菌感染症による体調不良のため、火曜日はノンフィクションライターの石戸諭さんがパーソナリティを担当しました。
リスクと生きる、死者と生きるNewsweek (ニューズウィーク日本版) 2019年2/26号[沖縄ラプソディ]

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

3/12(火)のテーマ

「震災、そして原発事故から8年。崎山敏也記者の福島・取材報告」


みんなの交流館 「ならはCANvas」


「ならはCANvas」で行われたインド古典音楽のイベント


ここなら笑店街 にある「Mare di Caffe」


「Mare di Caffe」の店長、鈴木麻海さん。


バングラデシュ出身のハク・ジアウルさんが作る特製カレー。


「ナラハチャンネル」が伝統的なお餅を取材した現場の様子。


楢葉町の古本屋「岡田書店」と店長の岡田悠さん

【スタジオゲスト】

▼TBSラジオ・崎山敏也記者

2011年の東日本大震災、そして東京電力・福島第1原発事故の発生により、福島県では、最大およそ16万5000人が避難を余儀なくされました。

事故から8年が経ち、政府は「復興」を強調。これまで、10の市町村で避難指示が解除され、大熊町では今年4月、原発が立地する町としては初めて、避難指示が解除される見通しとなっています。

しかし、現在もおよそ4万2千人が県の内外で避難生活を送り、また、毎日新聞が今年2月に実施した、岩手、宮城、福島の被災自治体の首長42人へのアンケートでは、「復興の進捗」について、津波で被災した岩手、宮城両県のほぼ全ての首長が「復興した」あるいは「おおむね復興した」と回答したのに対し、原発事故の影響が続く福島県では、「復興した」との回答はなく、「おおむね復興した」も4割にとどまるなど、原発事故の被災地では、復興の進み具合に大きな差が出ています。

今夜は、福島第一原発から20km圏内に位置する楢葉町で、復興に取り組む若者たちの姿。一方で、今なお帰還のメドがたっていない双葉町の住民の現状などを、長年、原発取材を続けるTBSラジオ・崎山敏也記者に伝えてもらいました。

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
*過去の放送はラジオクラウドで配信中です!
===============================