お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

『ECC presents 伊集院光とらじおと英会話と』~レッスン㊿〜

伊集院光とらじおと

伊集院光とらじおと英会話と

伊集院光さんが古典落語の英訳を通じて英語を学んで行こうというコーナーです。

ECC英会話0917

伊集院光さんが古典落語の英訳を通じて、英語を学んで行こうというコーナーですが、今年から、古典落語「厩火事(英題:ステーブル・ファイヤー)」に英語でチャレンジしています。

 

【厩火事】

髪結いのおサキは、働きもせず酒ばかり飲んでいる亭主のタケとけんかが絶えない。
今日も今日とて、仲人の家に来て愚痴を言う。
「旦那、あたし、今日という今日は離縁します!」「また始まった」
いつものように止めるかと思いきや
「今まで我慢して止めてきたけど、タケはどうしようもないやつだ。
別れろ別れろ、別れちまえ」 と仲人。
「そんな言い方ひどいじゃないか、あの人だって良いところが、、、」
「おまえが別れたいっていったんじゃねえか」
「そうじゃないんだよ、、、あたしは、あの人の本心が知りたいんだよ、あたしのことが好きなのか、ただ稼ぎがあるから一緒にいるだけなのか」
心が揺れるおサキに、仲人は愛情テストを提案する

これを少しずつ英訳していくのですが、登場人物の名前はこちら。
▼主人公・おサキ⇒「スーザン」(髪結いの姉さん女房)
おサキの亭主・タケ⇒「ジョン」(働かない若い旦那でイケメン)
おサキが相談する仲人 ⇒「ウィル叔父さん」(Uncle Will)

 

▼そして今回は、この物語の続き。働かないクズの旦那「ジョン」の本心を知りたい「スーザン」。そこで、ウィル叔父さんが考えたのは、ジョンの本心を知るテスト、「ジョンが大事にしてる皿を持って、スーザンが転んだ時に、どんな反応をするか?」というもの。その時の素直な反応で、本心が分かるということで・・・今日はこの続きから。

▼働かないクズの旦那「ジョン」の本心を知りたい「スーザン」のために、ウィル叔父さんが考えた、愛情テストは、「ジョンが大事にしているお皿を持って、スーザンすっ転べ!」というもの。

この時とっさに「スーザン、大丈夫か?」と言ったら、ジョンはお前を愛している。しかし、「お皿は、大丈夫か?」と言ったら、もう別れろ。と、ウィル叔父さんはアドバイス。

不安で、テンションが落ちてしまったスーザンですが、「わかったわ、今から帰ってやってみる。」と言い、ウィル叔父さんの家を後にするところまで来ました。

●ただいま。
I’m home.

●スーザン、どこに行ってたの?心配したよ。
Where were you, Susan? I was worried.

●よかった。この人は「孔子」だわ。
Yes.  He must be Confucius.

●一緒に晩御飯、食べようよ。
Shall we eat dinner?

●OK,ちょっと待ってね。私、やらなくちゃならない事があるの。
Hold on. I have something I have to do.

●おい!その皿に触るな。お前が触るようなもんじゃない!
Stop! No! Don’t touch that dish. You are not worth it.

●今さっき「孔子」だと思ったのに、やっぱり「SRG」だわ!
You were Confucius a second ago, but now you are the SRG!

●SRGって、何だよ?
What is the SRG?

●ストゥーピッド・リッチ・ガイよ! もう知らない!
The Stupid Rich Guy! I don’t care!

 

 

来週で、古典落語「厩火事(Stable fire)」の英訳も最終回。クライマックスです!お楽しみに。

 

伊集院光とらじおと英会話と | TBSラジオ | 2019/3/18/月 10:41-11:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190318104123

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

3月24日(日)までお聞きいただけます。