お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「レオパレス21などをめぐり、問題が表面化。『サブリース契約』とは一体いかなるものなのか?」太田昌志×三浦直樹×荻上チキ 2019年3月21日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

レオパレス21などをめぐり、問題が表面化
『サブリース契約』とは一体いかなるものなのか?

賃貸アパートなどの物件に施工不備が相次いで見つかった問題で、レオパレス21は今週月曜日、外部調査委員会による中間報告を公表。基準を満たない可能性がある部品を使った点について、当時の社長からの指示があり、問題は「組織的・構造的に存在していた」と指摘しました。

また、この問題で、アパートのオーナーらで作る「被害者の会」がきのう記者会見し、「違法建築をこれほど大量に見逃した国の責任は重大」だとして、国会での集中審議を求めました。

レオパレス21は、アパートなどの賃貸住宅を、建物の所有者から一括して借り上げ、入居者にまた貸しする「サブリース契約」の大手で、建物のオーナーに対し、あらかじめ決められた賃料を一定期間支払うとして、多くの顧客を集めてきました。

この「サブリース契約」をめぐっては、レオパレスの施工不備問題だけでなく、去年、シェアハウス「かぼちゃの馬車」などをめぐって問題となり、破綻したスマートデイズなど、以前からトラブルも指摘されています。

そこで今夜は、「サブリース契約」とはいったいどのようなものなのか、その問題点や注意すべきポイントを専門家に伺います。

【スタジオゲスト】
サブリース契約を研究する千葉商科大学国際教養学部准教授・ 太田昌志 さん

【TELゲスト】
サブリース被害対策弁護団長で、エコール総合法律特許事務所の弁護士 三浦直樹 さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================