お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

手品を覚えて人間関係を円滑にすすめよう

ジェーン・スー 生活は踊る

4月、新入社員のみなさんはもちろん、部署異動などで歓迎会も多いですよね。しかし、歓迎会にはトラブルがつきもの!そんなときに、人間関係を潤滑に進めるためのワザとして、“手品”がオススメなんだそう。


そんなアドバイスをするのは、TBS喜入友浩アナウンサー。東大野球部でキャッチャーをやっていて、小学2年のときから、手品が好きで、就職活動の面接でも手品を披露したという強者。
(小笠原アナウンサーはマスターズ中継のためお休み)

手品というと「練習が大変そう」とか「不器用だから・・・」なんて人でも大丈夫!東急ハンズなどで売っている手品の中から、割とお求めやすい価格で売っていて、それほど練習しなくても、けっこうなレベルの手品ができるものを喜入アナが選びました。ということで、歓迎会など飲み会のトラブル別にご紹介していきます。

歓迎会で使える手品はコレだ!東急ハンズで買えちゃう、簡単 手品グッズ

やっぱりこの時期に多いのが「歓迎会」。ムスっとした先輩の前に座ってしまって会話が弾まない・・・

そんなときは・・・

お札にペンが突き刺さる!けど破れてない!サイキックペン!


▼手品の定番のひとつ。サイキックペン。
▼ペンでお札を真ん中を突き破るんですが、ペンを抜いてみると破れていないという手品
▼ちょっと練習すれば、人に見せられるくらいにできるようになるそう

まずは、先輩に千円札を借りましょう!そしておもむろにペンを取り出す。お札の真ん中にペンを突き刺て、引き抜いてもお札は破れていません。先輩へのインパクト大!会話も弾むはず!

「こっそりタネを教えちゃうと先輩はさらに喜んでくれるはず」(喜入アナ)

「サイキックペン」は、税込み1,620円(テンヨー)

注いだ水が消える!ふしぎな新聞紙


困るのが、無理にお酒をすすめてくる上司。さすが、2019年、絶滅危惧種になりつつありますが、まだ出会わないとも限りません。きっぱり断るのが一番ですが、手品でかわすこともできます!

▼こちらも定番中の定番。ふしぎな新聞紙。
▼折りたたんだ新聞紙に水を注ぐと、あら不思議。逆さにしても水がこぼれない。
▼その日の新聞でできるので、カバンにいれておけば、ワザとらしさもなく、危機をのりこえられます!

「部長!この新聞紙がビールを飲みたがっているので、飲ませてもいいですか?」新聞紙を折りたたんで・・・自分のビールを新聞紙に注いでいきます。新聞がビールを飲んでしまったので、逆さにしても出てきません!こうすれば、部長も笑って許してくれるはず!

「ふしぎな新聞紙」は、税込み540円(テンヨー)

ライジングカード


「もっと手品見せてよ」と先輩や部長に言われたら・・・
もっと高レベルの手品を見せましょう。
無作為に選んだカードが、ひとりでに浮き上がってくる手品。

「ライジングカード」税込み2,160円(テンヨー)
ちょっとお高めですが、タネを知ると納得のお値段。

最後に、喜入アナから手品やるときのコツを3つ、ご紹介
①これから起こることを言わない(今回はラジオなので割と説明多め)
②2回やらない
③タネを言わない(当たり前ですが!)

今日ご紹介した手品は、新宿高島屋に入っている、東急ハンズで購入しました。

<↓音で楽しむ手品を味わいたい人はこちら↓>